FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

名残り雪
  山茶花2(2021-02-18)

     冬を越すことのできない花たちへおゆかけている おゆ あたたかい

       ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~




昨日からの雪で早朝から一面の銀世界。

寒い一日でした。


  門3(2021-02-18)
  雪景色3(2021-02-18)
  足跡2(2021-02-18)
  足跡3(2021-02-18)

   どこまでも世界にひとりということのわが影連れて雪道歩む  2006.1.26

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~



昼過ぎには10~12cmほどの積雪があり、1月の大雪の時よりも
積もりました。
雪の結晶も見られました。


  メジャー5(2021-02-18)
  車1(2021-02-18)
  雪の結晶2(2021-02-18)
  雪景色6(2021-02-18)
  雪景色5(2021-02-18)

      雪であることをわすれているようなゆきだるまからもらうてぶくろ

         ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




福岡の歌人、恒成美代子さんがご本人のブログ『暦日夕焼け通信』の
1月24日(日)に「本日は笹井宏之さんの祥月命日」
で宏之のことを
綴ってくださいました。
2008年5月24日に福岡市で開催された「歌集『ひとさらい』を語る会」
にも出席されていて、その時のことを次のように語られています。

歌集『ひとさらい』が刊行されたのは2008年1月25日であり、その年の
5月24日に「穂村弘と語る『ひとさらい』(聞き手)加藤治郎)」のイベントがあった。
第一歌集を出して、これからがたのしみな期待される笹井さんだった。
(中略)
そして、懇親会でのエピソードといえば、穂村さんが『ひとさらい』の歌集を出して、
笹井さんに署名をして貰っていたことだ。わたしも歌集の扉に歌を書いていただいた。
たいせつな思い出である。

   風。そしてあなたがねむる数万の夜へわたしはシーツをかける

        『てんとろり』(2011年1月24日 書肆侃侃房)


  photo_20210123223501



今年はよく雪が降り積もりました。

おそらく今日の雪が名残り雪・・・・・


  庭1(2021-02-18)
  英山1(2021-02-18)
  煙突1(2021-02-18)

  雪景色2(2021-02-18)

         南極のとけなくなった雪たちへ捧ぐトロイメライの連弾

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 こころをゆるす より ~  
スポンサーサイト





残照 | 20:16:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する