FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

迎春
  迎春3

   初春のよろこびなしと言ふひとへ迎へらるるがよろこびと説く  2009.1.15

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より
 ~



あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

  迎春1(2021-01-01)



大晦日の雪は、コロナウイルスで大変だった2020年の災禍を浚うように
一面の銀世界でこの一年を締めくくってくれました。 


  雪の大晦日1(2020-12-31)
  雪の大晦日5(2020-12-31)
  雪3(2020-12-31)
  雪の朝11(2020-12-31)

    ふわふわを、つかんだことのかなしみの あれはおそらくしあわせでした

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~   





  雪の朝4(2020-12-31)
  雪の足跡2(2020-12-31)
  雪の足跡3(2020-12-31)

   どこまでも世界にひとりということのわが影連れて雪道あゆむ  2006.1.26

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~





大晦日の雪が残る2021年元旦。

煙突と井戸2か所、そして中庭の池の辺に鏡餅をお供えしましたが、
30分も経たないうちに、池を除く3か所のお供えはカラスのお年玉に
なってしまいした。

これも我家の元旦の恒例の行事です。


  迎春(煙突)(2021-01-01)1
  鏡餅7
  鏡餅と額1
  干支1
  纏ごよみ(2021)2.纏ごよみ(2021)5



英山も大晦日はうっすらと雪を頂いていましたが、元旦は雪も解けて
いつもの佇まいで有田の郷を見守っていました。

新しい年が穏やかな一年でありますように。


  英山1(2021-01-01)
     (↑2021年元旦の英山↑  ↓2020年大晦日の英山↓)
  英山1(2020-12-31)

      山嶺のようにあなたは立っている ひとみにうすいゆきをうかべて
  
          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 くつみがき より ~
スポンサーサイト





残照 | 02:20:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する