FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

初雪
  初雪7(2020-12-15)

    はつゆきがはつゆきでなくなる朝の、やさしいひとがころんでしまう

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 成層圏 より ~



初雪が降りました。

先週は小春日和のおだやかな日が続いていましたが、
昨日から急に寒くなり、今日は朝から小雪が舞う一日
となりました。

昼前には我家の周りもうっすらと雪化粧しました。


  初雪11(2020-12-15)
  初雪12(2020-12-15)

  初雪10(2020-12-15)
  初雪16(2020-12-15)

        猫に降る雪がやんだら帰ろうか 肌色うすい手を握りあう

          ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




玄関の山茶花も綿帽子をかぶっていました。


  初雪山茶花4(2020-12-15)
  初雪山茶花2(2020-12-15)

 



筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 12月詩二席 「渦」
読者文芸2020年12月二席「渦」
  (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)



11月19日付け西日本新聞の西日本詩時評に岡田哲也さんが
孝徳の詩「「水族館の魚のように愛されて」を評して下さいました。
書肆侃侃房の詩誌「侃侃」34号の孝徳の詩3篇の中の1篇です。

  西日本詩時評(2020-11-19)
    (↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります) 
  「水族館の魚のように愛されて」



2020年11月17日付け佐賀新聞で「第58回佐賀県文学賞」一席受賞者喜びの声が
紹介されました。

  佐賀県文学賞受賞者の声(2020-11-17)(1)
  (↓↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります) 
  佐賀県文学賞受賞者の声(2020-11-17)(2)
  
   コロナ禍の最前線にて天使にも戦士にもなる白衣の背    筒井孝徳




  初雪山茶花3(2020-12-15)白
  初雪山茶花6(2020-12-15)タテ

  初雪山茶花7(2020-12-15)

   冬を越すことのできない花たちへおゆかけている おゆあたたかい
 
      ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~
スポンサーサイト





残照 | 19:55:42 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
 こんばんは。今日は冬至ですね。今年は早くから寒さが厳しいですね。
 この寒さ、子供の頃に住んでいた土地を思い出します。
 年を取ったのか、子供の頃を最近はよく思い出します。

 あり得ないような現実。今年はショッキングな出来事が多かったです。あたかも、終末のような…。

 夏に亡くなった若い俳優の死が受け入れられないのか、受け入れた今の現実が受け入れられないのか、もう自分でも分かりません。

今年も秒読み段階ですね。忘れ物のないように、しっかり前を見て走り切りたいものです。

今年一年のご縁、宏之さんに感謝です。良いお年をお迎え下さい。
2020-12-21 月 20:25:38 | URL | はてな [編集]
はてな 様
今年も残り少なってまいりましたが、いろいろと大変な一年でした。
こちらこそ、いただいたご縁に感謝です。
新しい年は普通に過ごせる日常が一日も早く戻ってほしいものですね。

よいお年をお迎えください。
2020-12-22 火 14:46:58 | URL | 笹井宏之の父母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する