FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

春一番
  桜1(2020-03-28)

     わがうちに散る桜あり 君の名を呼ぶとき君はきらきらと風  2006.4.27

             ~ 笹井宏之『八月のフルート奏者』より ~




夜来の強い風雨で桜が満開になる前に散り始めました。

今年はコロナウイルスに配慮して花見を自粛せよということでしょうか・・・


  桜2(2020-03-28)
  桜19(2020-03-28)

  桜18(2020-03-28)

      花冷えの竜門峡を渡りゆくたつたひとつの風であるわれ  2007.4.19

           ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~





知人が3月23日(月)の赤旗を郵送してくれました。
文化学問欄の「歌壇」に柴田葵『母の愛、僕のラブ』(書肆侃侃房)と
笹井宏之『てんとろり』(書肆侃侃房)からの短歌を引用し、二人の
作風を紹介されてました。

  赤旗文化学問欄(2020-03-23)
    ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)

  くーちゃん10(2020-02-04)

        猫なのにあなたであなたから少しずつ私です 夜が明けます

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さんさろ より ~

 



満開の前だから少々の雨では我家の桜は大丈夫だろうと高を括っていましたが

明け方の春一番の暴風で花びらがだいぶ散らされていました。

午前中、小雨の中を慌てて写真におさめてきました。


  桜16(2020-03-28)
  桜6(2020-03-28)(タテ)
  桜17(2020-03-28)


散る桜 残る桜も 散る桜


  桜13(2020-03-28)

  桜9(2020-03-28)

       鞄からこぼれては咲いてゆくものに枯れないおまじないを今日も

            ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~
スポンサーサイト





残照 | 19:21:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する