FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

春立ちぬ
  スイセン4(2020-02-05)

    花植うる手に冷風の巻き付いてゆらりとわれをうごかしはじむ   2006.2.2

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




二月に入り穏やかな日が続いていましたが、一昨日、立春の声を聞いた途端に
寒さがぶり返しました。

今年もこの時期、裏山に水仙が可憐な花を咲かせています。

  スイセン3(2020-02-05)

  スイセン5(2020-02-05)


夕刻、東の空にうっすらと月が出ていました。

  月1(2020―02-04)

     春立ちて凍てたる疾風過ぎ去れり何処に還らん薄氷の月   2005.3.3

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~






筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸 2020年2月 詩一席 「蛇口」
  読者文芸2020年02月一席「蛇口」
     (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)



  ツバキ1(2020-02-05) (赤)


山茶花に代わりツバキが我家の主役になりつつあります。 


ヤエツバキが咲き始めると中庭がぱっと明るく華やぎます。 


  ヤエツバキ2(2020-02-05)
  ヤエツバキ1(2020-02-05)

      それは世界中のデッキチェアがたたまれてしまうほどの明るさでした

        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~





池の鯉も水が温むのを心待ちにしています。

  
  池6(2020-02-05)
  池5(2020-02-05)


  ナンテン1(2020-02-05)
   (中庭の南天)



  夕景1(2020-02-05)
  月3(2020―02-04)

       月光に水晶体を砕かれてしまひさうなるきさらぎの宵    2007.2.15

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』より ~
スポンサーサイト





残照 | 23:08:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する