FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

春の野に
  のんちゃん1(2019-03-17)

         初めての草むらで目を丸くして何かを思い出している猫

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 ひときわながいやすみ より ~





2005年11月1日、のんちゃんは我が家の一員になりました。
その時のことをこのブログでも紹介しました。

「のんちゃんが家族になった日~宏之の日記より」

家の外には出していませんでしたので、約13年と4か月ぶりにのんちゃんは
外の土を踏みました。


  のんちゃん2(2019-03-17)
  春の野3(2019-03-17)
  のんちゃん7(2019-03-17)


「のんちゃん春の野に出でて若菜摘む」の図。


  のんちゃんと和子さん(2019-03-17)

       花束をかかえるように猫を抱くいくさではないものの喩えに

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




  のんちゃん3(2019-03-17)


『えーえんとくちから』(ちくま文庫)が発売から2ヶ月で2度目の重版が決定しました。
重版は3月末の出来だそうです。
1月10日に発売後、1月15日に2刷、3月4日に3刷が決まり、トータルで1万部を超えました。
ありがとうございました。佐賀新聞Liveはこちらから

  佐賀新聞(2019-03-11)
   ( ↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)


『ほんのひとさじ』No.11(書肆侃侃房)が届きました。今回の特集は「香」です。

  ほんのひとさじNo11
   (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↓)
  ほんのひとさじNo11歌集の棚から




玄関わきに土筆が一本立っていました。

  ツクシ4(2019-03-17)


裏の土手にはワラビやゼンマイが立ちはじめました。

  ワラビ9(2019-03-17)
  ワラビ4(2019-03-17)
  ゼンマイ1(2019-03-17)


裏山にはフキノトウなど春の草花たちも出番を待っています。

  
  フキノトウ1(2019-03-17)  
  イヌノフグリ1(2019-03-17)
  紫花1(2019-03-17)
  紫花3(2019-03-17)
  タンポポ3(2019-03-17)
  小花1(2019-03-17)
  小花2(2019-03-17)
  ヒイラギ1(2019-03-17)
 
  


桜の蕾もだいぶ膨らんできました。

  桜の蕾1(2019-03-17)
  桜の蕾2(2019-03-17)
  煙突と英山1(2019-03-17)


  のんちゃん5(2019-03-17)
  春の野1(2019-03-17)
  のんちゃん6(2019-03-17)

   午後きみはひかりのかごを編んでおり 居眠りをするわれの傍ら   2007.3.15 

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~
 
スポンサーサイト


残照 | 02:26:18 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-03-21 木 15:10:59 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-03-22 金 16:25:11 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する