■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

066:ふたり(笹井宏之)
ふたりがふたりであるということの彫刻を群青のこぶしが殴り続けている
スポンサーサイト


題詠blog | 17:41:44 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

066:ふたりのうた
真夜中にコンビニまでのオデッセイ けむりのようなぼくらふたりでaruka古代ギリシアの叙事詩『オデュッセイア』(オデッセイ)西欧語では原義から転じてしばしば「長い航海」の意味でも使われるそうです。そんな、壮大なオデッセイは、実は真夜中のコンビニまでのふたりの様 2007-06-02 Sat 10:39:12 | 花夢

FC2Ad