FC2ブログ
 
■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

春の訪れ
  スイセン3(2018-03-04)

         たっぷりと春を含んだ日溜りであなたの夢と少し繋がる

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




3月に入り春の日差しがやわらかくふりそそいでいます。

裏山の水仙が清楚に微笑んでいます。


サクラの蕾もふくらみ始めました。


  サクラ蕾1(2018-03-04)

     つぼみより (きみがふたたびくるときは、七分咲きにはなっていたいな)

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~



  サクラ蕾5(2018-02-18)
  サクラ蕾6(2018-03-04)


  煙突3(2018-02-18)

  ゆるやかにひらかれてゆくわれのうえを雲よりはつかこぼれくる春   2006.3.16

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




筒井孝徳 佐賀新聞読者文芸2018年3月 二席 『煉獄の檻』
読者文芸2018年02月二席「煉獄の檻」
  ( ↑ここをクリックすれば文字が大きくなります↑)



裏山の小花も可憐に咲いています。


  春の小花1(2018-03-04)
  春の小花3(2018-03-04)
  春の小花3(2018-02-18)

   午後きみはひかりのかごを編んでをり 居眠りをするわれの傍ら   2007.3.15

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~





池の水も温み始め、鯉たちも心地よく泳いでいます。


  池12(2018-03-04)
  池の鯉6(2018-03-04)
 池の鯉3(2018-03-04)

       一様に屈折をする声、言葉、ひかり わたしはゆめをみるみず

             ~ 笹井宏之 『てんとろり』 ゆらぎ より ~



 
     
  裏庭1(2018-02-18)

     「ねえ、気づいたら暗喩ばかりの中庭でなわとびをとびつづけているの」

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 はるる ほら あな より ~
  
スポンサーサイト


残照 | 01:12:08 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-03-24 土 01:51:19 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad