■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

『些細なうた』上演
  白梅6(2017-02-26)

        たっぷりと春を含んだ日溜りであなたの夢と少し繋がる

          ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




2月も終わり今日から3月。

有田もだいぶ春めいてきました。


  英山1(2017-02-26).
  白梅5(2017-02-26)

      三月のあたまにかかる橋ありき 眠りののちに渡り終らむ   2007.2.22 

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




2月15日から23日までの鹿児島出張から帰り、25日〈土)は

17:00から上演の『些細なうた』を観に福岡に行ってきました。

  『些細なうた』台本1
    
  些細なうた3 些細なうた2


演出も大変面白く、休憩なしの100分でしたが、思わず見入っていて
あっという間でした。
初演とはまた違った演出で楽しかったです。

札幌での公演が3月11日(土)、12日(日)ですので、是非観ていただきたいです。

お知り合いの方がいらっしゃたら、紹介してください。


  些細なうたパンフレット(表)些細なうたパンフレット(裏)
           (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)


予約はこちらから。 



  フキノトウ1(2017-02-26)

     雪原の蕗を芽吹かする光のごと我の上にも蒼天よあれ    2005.2.3

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




  春の芽生え1(2017-02-26)
  白梅3(2017-02-26)

      ひたいから突き出ている大きな枝に花を咲かせるのがゆめでした

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 鮭フレークが降る交差点 より ~ 


残照 | 02:19:16 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
雪景色から梅満開で一気に春の情景になりましたね。
写真と相まって素敵、乙女チックに細やかにうたが伝わって来ますね。

鹿児島はお疲れ様でした。そして博多へ、タフですね。
私は武雄に行って帰って来るだけで、その夜はバタンキューです。
体力がないなとしみじみ思います。

和子さん、小学校の読み聞かせもこの8日で終了です。最後なので、別枠一時間をもらい読み聞かせや群読、ブラックシアターをします。

和子さんにもアドバイスを受け、恐る恐る始めた読み聞かせでした。
4年生の頃から、恥ずかしいから自分のクラスに来ないでと言われていましたが、今年2月になってから来ていいよと言ったので入りました。
「小学生の僕は鬼の様なお母さんになすびを売らされました」って云う題名の凄い本でした。涙を堪えるのに大変でした。
お陰様でいい経験でした。後押ししくれて有難うございました。
2017-03-02 木 01:57:02 | URL | うめちゃん [編集]
うめちゃんへ
この数日、本当に水温む候となりましたね。
読み聞かせご苦労様でした。いい時間を過ごされましたね。

私の方もこの3月で有田焼創業400年の事務局並びに40年間お世話になりました有田焼業界から卒業です。
しばらく体を休めてこれからのことを考えたいと思っています。
2017-03-06 月 09:13:21 | URL | 笹井宏之の父・母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する