■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

寒い一日
  スイセン2(2017-01-24)

      冬を越すことのできない花たちにおゆかけている おゆ あたたかい

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~ 




小雪がちらつく寒い一日でした。

裏山には水仙が凛として咲いていました。


  スイセン1(2017-01-24)
  スイセン5(2017-01-24)
  スイセン1(2017-01-24)

      鞄からこぼれては咲いてゆくものに枯れないおまじないを今日も 

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~  




今日は宏之の祥月命日。

8年の歳月が流れました。


たくさんの人から心のこもった贈り物を頂戴しました。

ブログやツイッターには宏之の歌や詩をご紹介していただくとともに
あたたかいメッセージが添えられていました。



  生花3(2017-01-24)



福岡の歌人恒成美代子さんがご自身のブログ「暦日夕焼け通信」(1月24日)
にご紹介くださいました。


Twitterでueno_neco ‏@ueno_necoさんが つぶやいてくださいました。
「おはよう。目覚めたとき、笹井宏之さんの短歌が通知バーに届いていました。
やわらかく温かくなる。 #sasai0124
2006年04月30日(日)きりんの脱臼に載った笹井さんの詩。
このページ、消えてしまわないといいな。」

  きりんの脱臼(2006年04月30日(日))
  (↑ここをクリックすれば文字が大きくなります↑)



歌人の沼尻つた子さんも宏之のことをつぶやいてくださいました。
「ことしも今日が来ました。 #sasai0124
笹井宏之さんのこと - ウォータープルーフ



ありがとうございました。



1月24日。

あの日は何十年に一度の大雪でした。
昨年も白い一日でした。


  宏之旅立ちの朝(H21.1.25撮影) 
  白い一日5〈2016-01-24)

        さようならが機能しなくなりました あなたが雪であったばかりに 

             ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~ 


残照 | 20:20:55 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-02-01 水 10:22:49 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する