■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

お彼岸
  白い曼珠沙華2

     シゲヨさん、むかしのことをはなすとき百合にならなくてもいいからね

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




今日は彼岸の中日。

18日(日)は母シゲヨさんの祥月命日でした。
3年の歳月が流れました。

従姉のご主人が亡くなり、夕方伊万里まで通夜に行ってきました。



  白い曼珠沙華1
  曼珠沙華2

   ひろゆき、 と平仮名めきて呼ぶときの祖母の瞳のいつくしき黒   2007.11.15

           ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




  クロアゲハ2〈2016-09-22)

       ひぐらしのあらしのなかをゆっくりとわたしはひらがなのあしどりで

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 きんいろのきりん より ~




  曼珠沙華5
  曼珠沙華4
  曼珠沙華とクロアゲハ1

       従姉から受け取る包み 〈十二年前の鬼ごっこの子鬼です〉

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 ~




彼岸花の周りにはクロアゲハ。

毎年変わらないお彼岸の風景です。


  曼珠沙華とクロアゲハ4
  曼珠沙華とクロアゲハ3
  曼珠沙華とクロアゲハ2

      ひろげたら羽根がいちまい落ちてきてそれから軽くなったつまさき    
 
         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 こころをゆるす より ~





  とうだい・ほんのひとさじ1


斉藤倫さんからすてきな絵本 『とうだい』 をいただきました。

書肆侃侃房さんから 『ほんのひとさじ』 特集 珈琲時間 が届きました。

ありがとうございました。
 
  とうだい3
  とうだい4
  とうだい5


  ほんのひとさじ 2016-9-1(表紙)ほんのひとさじ 2016-9-1(てんとろり)
         (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)




「暑さ寒さも彼岸まで」
朝夕はだいぶ涼しくなってまいりました。

そして、「実りの秋」、「収穫の秋」 
裏山の柿の実が色づき、秋の深まりを教えてくれます。


  柿2〈2016-09-22)
  柿1〈2016-09-22)



  曼珠沙華1

       挨拶の代わりにからだいちめんに花を咲かせてしまう曾祖母 

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さんさろ より ~   




スポンサーサイト
残照 | 23:55:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad