■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

初夏の味わい
  折り鶴1〈2016-06-19)

         折鶴の羽をはさみで切り落とす 私にひそむ雨の領域

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 くつみがき より ~




梅雨前線の活動が活発になっている影響で、九州では北部を中心に大雨となっています。

有田もかなり激しい雷雨となっています。大きな災害にならないようにと祈っています。




  風鈴まつり10〈2016-6-18)

18日(土)は梅雨の晴れ間で暑い一日でした。

伊万里大川内山の「風鈴まつり」が始まり、今年もオープニングで碗琴を演奏してきました。

  風鈴まつり1〈2016-6-18)
  風鈴まつり3〈2016-6-18)
  風鈴まつり4〈2016-6-18)
  風鈴まつり14〈2016-6-18)

  風鈴まつり5〈2016-6-18)

    伝へたきひとがゐるゆゑこの歌にあかときの両翼はひらきぬ    2007.6.14

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~ 





19日(日)は、佐賀新聞社本社で「読者文芸年間賞」の表彰式があり、孝徳が参加してきました。

  賞状2〈2016-06-19)
  胸花1〈2016-06-19)

天賞記事①
     ( ↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑↓)
天賞記事②



新鋭短歌シリーズの『羽虫群』(虫武一俊)、『瀬戸際レモン』(蒼井杏)をいただきました。

ありがとうございました。

  新鋭短歌〈2016-06-19)




山形の友人がさくらんぼを贈ってくれました。

「山形の初夏を感じていただければ・・・・・」とのメッセージが添えられていました。

あたたかい気持ちと一緒に、初夏を味わいました。

とてもおいしかったです。ありがとうございました。


  さくらんぼ1

  とれたての真珠のやうに子どもらが夏の手前でひかつてゐます    2007.6.21 

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より 
~     


残照 | 02:08:37 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
孝徳君、改めましておめでとうございます。
年間天賞凄いですね。

私の幼馴染のお母さんは90歳を超えお一人住まいですが、朝日新聞に俳句を投稿されていらっしゃいます。
お伺いすると、テーブルの上には何時も新しい俳句の本が載っています。あの年齢になっても日々勉強され、足腰を悪くされて自宅マンションの内から感じる自然の移ろいに五感のアンテナを張り巡らせて句を作っていらっしゃる姿に感心致します。

記憶力も抜群で、以前話題にした話の内容もバッチリです。
90歳を越して俳句作りは呆け防止よ、と笑って仰る所が凄いなと思います。
同じ屋根の下で暮らしたので、私には無い幼い頃の日常のお話も伺えるのでそれも楽しみです。
部屋のあちらこちらに野の花が挿してあります。おばさんを見ていると感性を磨くってこんなことかと感じます。

和子さんは息子さん達にとって野の花ですね。


筒井さんの大川内の山の焼き物の里での碗琴の音が流れると、本格的な夏もそこまで来ているんだな~と感じます。
一度は山里にこだまする澄んだ音色を聴いてみたいものです。

2016-07-02 土 05:31:58 | URL | うめちゃん [編集]
うめちゃん
いつもありがとうございます。
「60の手習い」といいますが、何か趣味があれば若さが保てますよね。

私も碗琴がライフワークで、体が動く間は続けたいと思っています。
昨日は有田ポーセリンパークで中国からのクルージングのお客様歓迎の演奏を頼まれましたので、中国の曲を交えながら3組の団体様に対して、20~30分ずつ、合計で1時間15分ぐらいステージで演奏しました。
大変喜んでいただきました。
最近、中国からのお客様が多く、有田ポーセリンパークには免税店もあり昨日は50台以上の団体バスが来ていました。
2016-07-03 日 18:58:05 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
筒井さん、素敵な趣味に出会われましたね。
仕事にも通じ、趣味の音楽にも通じて音を奏で、自分も他人様も楽しむことの出来る趣味なんて総ざらにある物ではありませんからね。

音楽に国境はありませんし、ましてや古からの陶磁器繋がりの中国の方にも心行くまで楽しんで頂けたでしょうね。

筒井さんのオカリナの音色v-342に惹かれもう数年前に考えもしないでへ長調を買ってしまいました。鍵盤でも半音下げで黒鍵を引くのに・・・なんて考えていたら超難しい物に感じて袋に入れて直し込んだままですv-39。感性が無いという事は、中々趣味にも行き着く事も出来ません。
2016-07-07 木 04:09:19 | URL | うめちゃん [編集]
うめちゃん
仰る通り、音楽に故郷はありませんね。
どこの国の方も「和みます」、「癒されます」と言われます。

「草原情歌」という中国の曲を演奏しましたが、中国の方には谷村新司の「昴」とか千昌夫の「北国の春」がポピュラーで、一緒に歌われます。

オカリナは入りやすい楽器だと思います。もう一度チャレンジされたらどうでしょうか?
2016-07-08 金 21:37:27 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する