■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

KAZESARAI
  スイセン1(2014-03-16)

       拾ったら手紙のようで開いたらあなたのようでもう見れません

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~





2012年5月、とあるメールをいただきました。


2012年5月22日
生前の笹井君と交流があった者です。
北海道在住で3+(three plus)という音楽ユニットでAmbient(環境音楽)のジャンル
で活動しています。

僕がまだ横浜に住んでいた時、おそらく彼がまだ19歳くらいだったと思います。当時
まだ笹井君は笹音君と名乗っており、携帯電話のi-modeで笹音君のサイトBamboo
Forestを見つけて声をかけました。
彼は既に天才的な詩才をもっており、これはスゴいとビックリした記憶があります。
不治の病の事も知っていました。
いつか何かを一緒にやりたいね!などと話した記憶もあります。

ちょくちょく連絡を取っていましたがその後何年か連絡も途絶え2006年か2007年位に
メールを交わしたのが最後でした。

僕は彼のブログをちょくちょく拝見し、移住した北海道で機会があれば彼の個展をや
りたいと思っていたので亡くなった事を知った時は衝撃でした。

僕は今回2ndアルバムを制作しており、この作品は僕が見た景色と笹音君の詩を読み
僕が感じた世界感を掛け合わしたものです。
全曲ではありませんが曲名に笹井君の詩の題名を付けようと思います。題名を貸して
頂けませんでしょうか?

KAZESARAI3


私はすぐに了解する旨、返信しました。


  スイセン2(2014-03-16)

     てのひらに縫いつけてある冬の日をあなたのほそいゆびがほどいた

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 てんとろり より ~




2012年5月23日
ありがとうございます!
大切に使わせて頂きます!
笹音君の曲は聴いた事があります。
確か当時、笹音君に何のパソコンソフトを使っているか質問を受けた記憶があります。

彼が短歌などで色々と入選を果たした時には天才だと思っていたので特に驚きは
無かったですが「ひとさらい」を出した時は本当に嬉しかったです。

実はアルバムの題名を迷っていまして彼は確か風の詩人と呼ばれていた様な気がし、
その風の様な詩から「風さらい」にしようか、「些細」にしようか迷ってます。

いつになるか、どんな形かは全く分かりませんがリリースされたら佐賀までお墓参りに
行こうかと思います。
そしてその時はご連絡致しますのでどうか宜しくお願いいたします。


KAZESARAI1


2013年8月3日
お久しぶりです!
以前、笹井君と生前、交流があり楽曲に笹井君の詩の名前を貸して頂きたい旨、
メールさせて頂いた、白石です。
結局アルバムを制作したらなんと3枚分のアルバム量になりました。
この内の1枚のアルバムがポーランドのPreserved Soundよりリリースが
決まりました!

100枚限定のCDーR作品で今回の作品には笹音君の詩の題名を曲名にした楽曲は
入っていませんがこの作品は完全に笹音君の詩の世界観と自分の世界観を掛け
合わせた作品なのでアルバムクレジットに
"Thanks :Hiroyuki Sasai(Hiroyuki Sasane)"
と入れたいのですが大丈夫でしょうか?
了承を得れるのならば、Thanksの枠に筒井孝司様の名前も入れたいです。
そしてTribute to Sasai Hiroyukiの文字も入れたいのでメールさせて頂きました。


KAZESARAI4



2014年2月13日
筒井様

ご無沙汰しております。
3+の白石です。
笹井君の歌を題材にしたアルバムの2作目が2月終わりに発売されますのでご報告の
メールを送らさせて頂きます。
今回はアメリカのTime Released Soundレーベルという所になり、
3+の笹井君の世界を掛け合わせた3作のリリースの中で一番大きいリリースとなります。
http://timereleasedsound.com/
アメリカ、ヨーロッパはもちろん日本でもタワーレコードを中心に大型店舗でも
流通されます。そしてこのレーベルはセンスはレーベルの物ですが。。
一枚一枚すべて写真が違う、手作りデラックスバージョンCDと通常の流通版CDを
リリースしており、リリースされ、CDが僕の家に届いた際はデラックスバージョンを
送らさせて頂きますので宜しくお願いします。

笹井君もきっと喜んでくれる事を僕は願います。


CDジャケット(KAZESARAI)2



先週、素敵なCDが届きました。
そこには、宏之が佇んでいました。

ジャケットには次のことばが添えられていました。

Dedicated to Hiroyuki Sasai
Fulfill a promiss now...



白石さん、ありがとうございました。



  スイセン3(2014-03-16)

        どちらかが詩になったらすみやかに朗読を開始する約束

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 しずく より ~


残照 | 07:40:53 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
宏之さんの詩心が聴こえるようです。
すてきなお話ですね。宏之さんの詩心は遠く、海外の人たちの心にも伝わっていくのでしょう。詩心は、きっと世界中の誰の心にも伝わることと思います。かぜさらい、ふしぎな響きです。わたしも聴いてみたいと思います。
2014-03-21 金 10:54:28 | URL | tajima [編集]
tajima 様
宏之の詩の世界観、感性が呼び合ういろいろなジャンルの方々と
繋がっていっています。
本当にありがたいですね。

今もCDを聴きながら書いていますが、情景が浮かんできます。

音に浸っています。
2014-03-22 土 00:43:04 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
ひろゆきくんの思いや心やエッセンスはずーっと次の世までも続いていくのですね。感動で胸がいっぱいになりました。
2014-03-26 水 18:56:22 | URL | catcat [編集]
catcat 様
お久しぶりです。
宏之と同じ感性をお持ちのいろいろなジャンルの方と繋がっています。
ありがたいですね。

和子さんもだいぶ元の和子さんになりつつあります。
ゆっくりお話ししたいですね。
コメントありがとうございました。

有田も今、桜が見頃になってきましたよ。
2014-03-28 金 21:20:22 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する