■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

蒼い月とななつ星
  満月1(2014-03-16)

     満月に彷徨える夢何処からフィドルの音は流れてくるか   2004.11.18

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~





午前零時の月。

蒼く清かな満月でした。


満月6(2014-03-16)



昨日の午後7時30分から8時までの30分間、JR有田駅に今話題の
「ななつ星 in 九州」が停車しました。

ななつ星in九州5(2014-03-15)


町を挙げて歓迎しました。


ななつ星in九州1(2014-03-15)
ななつ星in九州7(2014-03-15)


碗琴と皿踊りでお出迎え。
ホームには500名を超える町民が集まりました。

ななつ星in九州9(2014-03-15)
ななつ星in九州8(2014-03-15)
(写真は伊萬里新聞さんよりお借りしました)



  満月3(2014-03-16)

          嫌われた理由が今も分からずに泣いている満月の彫刻師

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 ひときわながいやすみ より ~
スポンサーサイト


残照 | 02:17:27 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
ななつ星、熱烈に歓迎され愛し尽くされましたね!

そして私は相変わらず碗琴の器たちとお父様の碗琴姿に熱烈にかじりついてました。笑
素敵*

浮かんだ一首。お借りします。

旅客機の瞬くランプ夜空へと交わってゆく星座が出来る
2014-03-17 月 00:37:43 | URL | yt [編集]
連投畏れ入ります。
ななつ星の恩恵が降り止まない!!

笹公人の短歌プロジェクトBlog 笹短歌ドットコム『笹井宏之ポエジー図鑑』より
お題:「アニメ」
てらてらと銀河鉄道行きのバス (バス?) そうすこしわたし現実



そして、ななつ星に捧げたい一首。

緩やかに星繋がってゆく空に銀河鉄道の汽笛が鳴る

宏之さんの歌に繋がってゆく、辿り着く、幸せ。

2014-03-17 月 17:40:46 | URL | yt [編集]
yt 様
こちらこそ、畏れ入ります。

旅客機の瞬くランプ夜空へと交わってゆく星座が出来る
緩やかに星繋がってゆく空に銀河鉄道の汽笛が鳴る

ななつ星に乗れば、そういう気分に・・・・・・
見るよりも、やっぱり、いつか乗る方になりたいものですが、現実は、

ぼろぼろのアコーディオンになりはててしまった天国行きの幌馬車

でしょうかね。

こちらでも連投ありがとうございました。
2014-03-17 月 23:34:06 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad