■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

渋谷ヒカリエ
d design travel 佐賀の詩

    空と陸のつっかい棒を蹴飛ばしてあらゆるひとのこころをゆるす

      ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 こころをゆるす より ~




この半月ほど超午前様の日々を過ごしていたら、頃はすでに弥生。
だいぶ春の気配が漂ってきました。

先月の18・19日は東京出張でしたので、渋谷ヒカリエ8階 d47 MUSEUM で
開催されている『d design travel SAGA EXHIBITION 』を覘いてきました。

渋谷ヒカリエ2(2014-02-19)
渋谷ヒカリエ3(2014-02-19)
渋谷ヒカリエ5(2014-02-19)


先月、『d design traravel』で佐賀の特集の本が発売されました。

d design travel【表紙】

この中で、宏之の歌が紹介されていました。

d design travel【P94】
d design travel【P95】


この本には、『アリタノヒビキ』(2014年1月号)が綴じ込まれています。
有田観光協会発行の文化情報発信誌『アリタノヒビキ』には、宏之の歌が
シリーズで掲載されています。

  アリタノヒビキ【表紙・背表紙】

   チェリストの弓は虚空を描きたり 最終音符に炎灯して   2005.12.15

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~



今回の『アリタノヒビキ』は昨年亡くなられた第14代酒井田柿右衛門先生の
特集を組みました。
その中で、私も柿右衛門先生との思い出を少し述べさせていただきました。

宏之のこの歌は、2005年の11月に柿右衛門窯でチェリストの横坂源さんの
コンサートがあり、宏之も聴きに行っていました。
その時のことを詠んだ歌でしたので、柿右衛門先生の追悼号に相応しいと思い、
私がこの歌を選びました。

横坂源さんは、我家を訪れ宏之の遺影の前で追悼演奏をして下さいました。


  渋谷ヒカリエ1(2014-02-19)

       数分後関東平野の薔薇を持ちあなたは遠くとおくへ帰る

     ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~


残照 | 01:34:56 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
笹音くんは、いろんな人と繋がってるんですね。素敵なことですね。これからも、その縁は続いていくのだと思います。

今日の京都新聞に、第十五代酒井柿右衛門を息子さんが襲名されたと載っていましたよ。
2014-03-03 月 14:34:37 | URL | ありす [編集]
ありす 様
ありがとうございます。
宏之が結んでくれたご縁を大切にしたいと思っています。

柿右衛門さんはご長男が2月に第十五代を襲名されました。
先代とのご縁があって親しくさせていただいています。
2014-03-04 火 21:09:31 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する