■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
白い朝
  山茶花1(2014-01-23)

   白い光だなんて、教わっていないし、でもさわっていたから、ごめんなさい

         ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 すきま抄 より ~




昨日は凍てつくような朝でした。

県内ではうっすらと雪化粧の所もありました。


  山茶花と煙突1(2014-01-23)

     冬を越すことのできない花たちへおゆかけている おゆ あたたかい

       ~ 笹井宏之 『てんとろり』 やさしく、はぐれる より ~





  山茶花3(2014-01-23)

   ふわふわを、つかんだことのかなしみの あれはおそらくしあわせでした

        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~



  山茶花5(2014-01-23)
  山茶花6(2014-01-23)

    冬椿枯れそめ、されどまぼろしの坑夫が夢をみる煉瓦館   2008.1.24

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~



明け方、西の空には下弦の月。

  下弦の月1(2014-01-23)
  下弦の月2(2014-01-23)
  下弦の月3(2014-01-23)

       内臓のひとつが桃であることのかなしみ抱いて一夜を明かす

          ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~




我家の周りも凍てつく世界でした。

  凍てつく朝1(2014-01-23)
  凍てつく朝2(2014-01-23)
  凍てつく朝3(2014-01-23)

       ロベルトに軍手を貸せってせがまれて 私は冬の洞窟なのに

          ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 すきま抄 より ~




夕景にしばし佇んでいました。


1月24日。

五年の歳月が流れました。

あの日は深々と雪が降り積もる白い朝でした。


  夕景(2014-01-23)

夕暮のひかりに迎へられてゐし我が吹くフルートのアヴェ・マリア   2008.1.24

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~



  煉瓦館フルート1
  
スポンサーサイト


残照 | 02:34:59 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
じっと今日と云う日をまた迎えられた事と感じます。
珍しくたくさんの雪の降り積もる日でしたね。
今週始めNHKあさイチで宏之君と同じ症状を持つ子供の特集があっていました。このことがあの頃解明されていたら・・、少しは心身共に楽な療養生活を送ることができただろうにと思うと胸が痛みました。
和子さん、元気出して・・・・それしか言えません。
少女のように、そんな貴女を空から宏之君は願って見ているんだろうな思います。

2014-01-24 金 05:33:55 | URL | うめちゃん [編集]
芯から凍える朝でした。
私も下弦の月を眺めながら宏之さまのご命日であること・・思っておりました。

素敵な写真と宏之さまの歌のコラボ・・・胸に沁みます。

もっと、もっと 聞きたかった。。

筒井家のみなさまの悲しみが少しでも軽くなりますように。。
薄ぺらな言葉でしか表現出来なくて申し訳ないです。
いつもただただ・・頑張っていて欲しいと願うだけです。

孝徳さまのご活躍が嬉しいです。(*^^*)

2014-01-24 金 08:53:06 | URL | 日向日和 [編集]
うめちゃん
いつもありがとうございます。
皆さんに支えていただいた5年の歳月でした。
おかげさまで、止まっていた時間がまたゆっくりと動き出しました。
宏之に「ありがとう」といえる日常が少しずつですが戻ってきつつあります。
今年もよろしくお付き合いください。
2014-01-24 金 23:16:32 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
日向日和 様
寒い日が続いていますね。
皆さまのあたたかさが私たちの厳冬の日々を支えてくれました。
日向日和さんのことばは、文字通り、いつもほっこりあたたかいですね。
やさしく心に響きます。

孝徳も頑張ってことばを紡いでいます。
私たちも楽しみにしています。

今年もよろしくお付き合いくださいね。
ありがとうございました。
2014-01-24 金 23:48:16 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
もう5年…、やっと5年…、君がこの世にいないと知ってからも、やはり君は確かに存在するのだと…


直接会うことはなかったけれど、ネットでたわいのない会話や冗談を交わした日々は大切な思い出です。あの頃、私は、凄く才能のある人たちと詩やうたを抜きにして交流させて貰えて幸せでした。

笹音くんのひだまりのような優しさが好きでした。
2014-01-25 土 00:33:37 | URL | ありす [編集]
  冬を越すことのできない花たちへおゆかけている おゆ あたたかい

時々 載せて下さる、お母様の笑顔がとてもうれしいです。
お空から笑顔がかえっているような気がします。
ありがとうございます。
2014-01-25 土 08:35:21 | URL | ムムリク [編集]
ありす 様
いつもあたたかいコメントありがとうございます。

2009年1月24日。我家の時計が止まり、世界のすべてが反転しました。
そして、今またゆっくりと動き始めています。皆さまのあたたかいご支援で。
笹音君、今日はやさしい音色のフルートで、「浜辺の唄」を奏でているのでは・・・

寒い日が続いています。ご自愛くださいますように。
これからもよろしくお付き合いください。
2014-01-25 土 17:57:11 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
ムムリクさん
ゆっくりと上がっていってかまいません くれない色をして待っています
昨日も仕事帰りに見た夕焼けがきれいでした。

5年経った今でも、宏之のことを心にとどめていただいていることに感謝です。
ART日記でご紹介いただいた歌、どれも沁みますね。

ふわふわを、つかんだことのかなしみの あれはおそらくしあわせでした

大切な人を送られたのですね。
心からご冥福をお祈りいたします。

銀河の畔に佇みながら、今日宏之がフルートで奏でているのは「アヴェ・マリア」でしょうか、それとも「浜辺の唄」でしょうか。
もしかしたらいい人見つけて「トロイメライ」の連弾かも・・・

音を食らう仙人たちのあいだでは意外と評価の高いエミネム
レシートの端っこかじる音だけでオーケストラを作る計画

「音楽を奏でるように、普通に生きて行きましょう!」 ね♪

水田を歩む クリアファイルから散った真冬の譜面を追って
2014-01-25 土 18:51:52 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。