■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

冬の磁石
  泉山磁石場1(2014-01-09)

   罅割れて路肩に眠る白磁にも匠の焼べる火があったのだ   2005.1.13

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




寒い日が続いています。

2・3日前には小雪が舞いました。


  柿右衛門窯1(2014-01-09).

  柿右衛門窯2(2014-01-10)
                               さゆき
     北風をコートとなして一本の柊立てリ小雪のゆふべ   2007.12.27

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




2014年最初の佐賀新聞読者文芸で孝徳の詩『冬の磁石』が一席で掲載されました。

孝徳詩「冬の磁石(14年1月一席)」
(↑ここをクリックすれば文字が大きくなります↑) 




そう、4度目の冬が訪れました


「写真立て」のあなたの変わらない微笑み


雪が降るたびに思い出します



陶山神社本殿
陶山神社2(2014-01-09).



  月
  
        月足らずで生まれたらしい弟を補うようにつきのひかりは

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 飛ぶもの より ~
スポンサーサイト


残照 | 07:05:19 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
昨年の12月はずっと「てんとろり」を詠みふけっていました。
そして1月の誕生日に友人が「えーえんとくちから」を贈ってくれて
今夜から詠みはじめます。
笹井さまが詠まれる短歌の世界にこのうえとなく魅力を感じ、魅了されています。
くり返しくり返し詠んでしまいます。
笹井さまの短歌に出会わなかったら歌を詠もうとは思わなかったでしょう。
そしてこのブログにたどり着けたことにあらためて感謝します。
よい一年になりますようお祈りしております。

2014-01-16 木 22:55:01 | URL | 十六夜KOKO [編集]
十六夜KOKO 様
いつもありがとうございます。
宏之の歌とともに、今年もよろしくお付き合いください。
寒い日が続いていますのでご自愛くださいますように。
2014-01-17 金 07:31:14 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad