■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

彼岸明け
  彼岸5(2013-09-23)

  群るることああ忘れたというような目をひらきおり我が曼珠沙華   2005.10.13

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




今日でお彼岸が明けます。


今年もこの時期に、そして同じ場所に曼珠沙華が咲きました。

彼岸1(2013-09-23)
彼岸2(2013-09-23)
彼岸3(2013-09-23)


花の周りをクロアゲハが舞っています、今年も・・・

アゲハ1(2013-09‐23)
アゲハ2(2013-09‐23)
アゲハ3(2013-09‐23)


変わらない自然の営み。

そして、移ろいゆく季節、想い、人の営み。

物思ふ秋です。


  彼岸4(2013-09-23)

  かげろふのきえゆくゆふべ 秋の手がきみとわれとを握りしめたり   2006.10.5

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~
スポンサーサイト


残照 | 04:37:48 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
寂しくなりましたね
お母様のご逝去、お悔やみ申し上げます。
天寿を全うされ、孝司ちゃんの碗琴演奏のなかで、逝かれたことは
悲しいけど、お幸せだったと思います。
寂しくなられたでしょうが、お身内の方々を見守られておられること
でしょう。親はいつまでも親ですものね。

私は母をみていて、自分のことを照らし合わせながら、老いを考えてしまいます。特に今、体調がいまいちだからとも思いますが・・・。

ご活躍、お祈りいたします。
2013-10-02 水 10:32:07 | URL | 財ちゃん [編集]
曼珠沙華はいつみても妖しい雰囲気を漂わせていますね。
凛とした姿がうつくしく、好きです。
今、宏之さんの過去の作品をこのブログで読ませていただいています。
少しずつ、大切な本の頁をめくるよに読み進めるたのしさ。
わたしも短歌だけのブログをつくりのせるようになりました。
笹井宏之さんの歌とであえてよかったとあらためて思います。
2013-10-02 水 23:34:43 | URL | 十六夜KOKO [編集]
財ちゃん
ご丁寧にありがとうございます。
葬儀後の七日七日の法要やら出張やらでなかなかブログの方も書き込めないでいますが、少し落ち着いてきました。
あらためて母親の存在の大きさを感じています。
財ちゃんもお母さんのことやご自分の体調のことで大変でしょうが、朝夕はだいぶ冷え込んできましたので、ご自愛くださいますように。
2013-10-03 木 06:44:53 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
十六夜KOKO 様
私も曼珠沙華の凛とした強さが好きです。
ブログで宏之の歌を読んでくださっているとのこと、ありがとうございます。
これからすてきな歌をたくさん紡がれますように!
2013-10-03 木 06:52:49 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad