■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

おくり
  胡蝶蘭(2013-09-21)

  ひろゆき、と平仮名めきて呼ぶときの祖母の瞳のいつくしき黒   2007.11.15

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




九月十八日、母が旅立ちました。
碗琴の音色を聴きながら・・・


月(2013-09-22 03:26)


着物きて屠蘇をのみ干す面影を 春のはじめの初夢に見る   しげよ

母が平成十七年正月に詠んだ歌。
十九年前に亡くなった父の面影を偲んだ歌なのでしょうか・・・

花が好きで、歌が好きで、踊りが好きで、
いつもにこやかなやさしい母でした。
小さな体のどこに秘められていたのでしょうか、
凛とした強さを持った人でもありました。


月2(2013-09-22)

窯元の家に嫁ぎ、戦中・戦後の苦しい時代に私たち六人の子供を育て、
決して裕福ではありませんでしたが、忍耐強くしなやかに家族を守って
きてくれました。

孫、曾孫も大変可愛がってくれました。
佐賀新聞読者文芸に掲載された宏之と孝徳の短歌と詩を切り抜き、
日付順に手帳に張り付けていました。

その手帳には、母が若い頃に詠んだ短歌や俳句も少し綴られていました。

(母が祖父を送った句)   旅立ちや 寒さいとわず 麻衣

(母が叔母に送った句)   ながめつつ 姿そのまま 落椿



音を紡ぎ、言葉を紡ぐDNAは母からのものだったのでしょうね。


夏場から重篤な日々が続き、妹・義兄と交代で病院に詰めていました。
九月に入ってから幾度となく、院長から「今日明日が」と言われましたが
その度に乗り越えてくれました。
最後まで、私たちに「生きる強さ」「生きることの尊さ」を教えてくれました。


心豊かに私たちを育んでくれた母を、碗琴のしらべで見送りました。


やさしい面影を残し、母 繁代は九十四歳の生涯を閉じました。


  祭壇(2013-09-21)

     シゲヨさん、むかしのことをはなすとき百合にならなくてもいいからね 

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~


残照 | 07:21:15 | Trackback(0) | Comments(12)
コメント
お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。

そしてまた急に涼しくもなってきておりますので
筒井考司さま、和子さまにおかれましても
お身体にご自愛くださいませ。

2013-09-24 火 02:33:26 | URL | 十六夜KOKO [編集]
お久しぶりです
お久しぶりです
大変でしたね
安らかに
眠れるように祈ります。
お身体ご自愛くださいな

ポエム
置いて行きます


さよならと
ありがとうが
月の夜に照らされて
小川、
静かに流れ着く
あなたからもらう
やわらかな桃


(光ってますきれいな桃)


かなしみを
独り
公衆電話に置いてきた
ご縁玉で描く月。

(ご縁なさい)


いくつもの
別れだけだと
マスクする
はだかの王様
マスクメロン

(エンドレス)



お別ればかり
あるんです
雨と紅葉、秋の唄。

2013-09-25 水 04:19:24 | URL | シオン [編集]
十六夜KOKO 様
ご丁寧にありがとうございました。
今日でお彼岸が明けます。暑さ寒さも彼岸まで、
暑かったり寒かったりの候、ご自愛くださいますように。
2013-09-26 木 03:48:33 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
シオン 様
お久しぶりです。
お心遣いとすてきなポエム、ありがとうございました。
2013-09-26 木 03:54:13 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
九月
筒井先生
九月、おたんじょうびおめでとうございました
そしてお母様のご他界、
ご冥福をお祈りいたします
碗琴で送ってもらえて
お母様もよろこんでらっしゃったでしょうね
喜びのときも悲しみのときも、
碗琴はお花のようです
朝晩さむくなってきましたので
風邪などひかれませんよう、おげんきで。
2013-09-28 土 21:52:04 | URL | 安部 寿紗 [編集]
お母様のご冥福をお祈り申し上げます。

寂しくなりますね…。とても優しくて強い方だったのですね。生きていることそのもねが標になるのですね、親というものは。そうありたいです。

合掌。
2013-09-29 日 21:32:17 | URL | ありす [編集]
筒井さん、この度はご愁傷様でした
素敵なお母さんだったんですね。
いくつになっても親との別れは寂しいものですが、息子さんが奏でる碗琴の音色で旅立たれるなんて、穏やかに向こうへ行かれたのでしょう・・
筒井さんや息子さん達の音楽や文才のルーツは、お母さんだったんですね。
お孫さんに「百合の花」と表現されるおばあちゃんは羨ましいです。
2013-10-01 火 23:18:30 | URL | せつこ [編集]
安部 寿紗 様
ありがとうございました。
大分に「いねかり旅行」に行かれたんですね。いろいろな収穫があったようでよかったです。
私の方は母の葬儀を済ませた後、依頼があっていた佐賀市内の公民館で碗琴コンサートを行い、初七日の翌日から佐賀県のPRイベントで大阪出張。週末は私の方が大阪でした。大阪駅でたくさんの方に碗琴を聴いていただきました。
以前から入っていたスケジュールで、母も喜んでくれると思い「碗琴旅行」に出かけました。
そんなわけで返事が遅くなりごめんなさい。

「碗琴はお花のようです」
すてきな言葉をありがとうございます。
2013-10-03 木 05:13:06 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
ありす 様
ご丁寧にありがとうございます。

仰る通り、親は生きていてくれることが標であることを実感しています。
母親の存在はなおさらですね。
最期は妹と一緒に寄り添ってあげられたことが、せめてもの親孝行であったかな、と思っています。

お礼が遅くなりましたが、お心遣いありがとうございました。
2013-10-03 木 05:43:03 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
せつこ さん
いつもありがとうございます。
やはり母への思いは特別なものがありますね。
この数ヶ月はお見舞いに行っても誰だかよくわからないようでしたが、私が行った時だけははっきりと名前を呼んでくれました。
碗琴を聴かせた時も目を開けてくれました。

孫たちも大変可愛がってくれました。
宏之の「百合」の歌を大変喜んでくれて、歌集を大切にしていました。
宏之とは短歌や俳句のことをよく話していたようです。

朝夕は冷え込んできましたので、ご自愛くださいますように。
2013-10-03 木 06:24:23 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
久しぶりに些細を拝見してお母様の訃報を知りました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
今頃は宏之さんと仲良くお話されているかもしれませんね。
あの優しくて暖かいお父様ともね。
2013-10-08 火 13:37:33 | URL | catcat [編集]
catcat 様
お盆の時は久しぶりにお会いできてよかったです。

そうですね、母も先に逝った父や兄、姉、宏之たちと久しぶりの再会を楽しんでいることでしょうね。

ありがとうございました。
2013-10-09 水 01:47:15 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する