■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

長月のころ
  夕景2(2013‐08‐29)

    幼子の眠りのやうな夜がきて我を長月へといざなひぬ   2007.9.27

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




暑かった八月も終わり、長月の4日。

朝夕はだいぶ涼しくなりました。


夕焼けの空にも秋の訪れを感じます。



  桂雲寺庭1(2013‐08-22)

    「ねえ、気づいたら暗喩ばかりの中庭でなわとびをとびつづけているの」

      ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 はるる ほら あな より ~



NHK佐賀で放送されている「有田焼いろは」の「わ」は「碗琴」ということで
そのテレビ取材が、「有田陶器市」発祥の地、桂雲寺でありました。

今から11年前、平成14年9月16日、この桂雲寺の本堂でコンサートを行いました。
この時はじめて「碗琴」という名称を使いました。

桂雲寺本堂(2013-08-22)


先週が放送予定日でしたが、台風情報で延期になり今週土曜日に放送されます。

9月7日(土) 12:40~12:45 (佐賀県内しか放送されません)


  桂雲寺碗琴(2013‐08‐22)
 
       一生に一度ひらくという窓のむこう あなたは靴をそろえる

        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 こころをゆるす より ~





佐賀新聞の『ろんだん佐賀』第6回目(9月2日掲載)は、8月に有田町民に熱い感動を
与えてくれた有工の甲子園初出場について書かせてもらいました。

ろんだん佐賀第6回(2013-09-02).
(↑ ここをクリックすると文字が大きくなります)



  夕景1(2013‐08‐29)

    幸せでいいですかと問う君の横ほら幸せが頷いている   2004.12.16

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~
スポンサーサイト


残照 | 05:49:21 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
新聞
残念!今、HPを見たので、テレビ、見損ないました。

今週3日でしたか、毎日新聞の俳句、短歌欄の新刊紹介に
「八月のフルート奏者」が載っていました。
「きらきらを綺羅へ雲母(きらら)へ変へてゆく
サラダボウルという水鏡」のうたも載ってましたよ。

2009年1月に逝かれたんでしたね。
月日の流れは、はやいなあと思わずにはいられませんでした。
2013-09-07 土 16:48:20 | URL | 財ちゃん [編集]
財ちゃん
毎日新聞の情報ありがとうございました。
新聞で紹介して頂けることがありがたいですね。

このところ、朝夕はだいぶ涼しくなってきました。
風邪などひかれませんように。

いつもお気遣いいただきありがとうございます。

2013-09-08 日 01:39:33 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad