■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
佐賀新聞に
  裏山2(2013-08-11)

   夏深くなりゆきわれはさみどりの光といふを抱きしめにけり   2007.8.16

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




今日も一日茹だるような暑さでした。

でも、裏山に行けば蝉の声に混じって秋の虫の音が聞こえてきます。


裏山1(2013-08-11)

裏庭のシャクナゲの木の下にピンクの花が咲いていました。

オニユリでしょうか。

  ピンクの鬼百合(2013-08-11)

   鬼百合が鬼に戻つてゆくさまを尼僧のやうな眼で見つめをり   2006.8.17

       ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~ 





今朝、佐賀新聞を開いたら大きく宏之の記事が掲載されていました。

我家にとっては「号外」ものです。

   2013-8-11(佐賀新聞)2

              かたととん       
          新聞を投函される音だけがうつつのようである午前五時
 
          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 かたととん より ~

 


2013-8-11(佐賀新聞)1
(↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります)

朝から友人・知人がメールや電話で「どこの書店で買えるのか?」
とのありがたい問い合わせ。
新聞をみて有田の本屋さんにかなりの人が行かれたそうですが、残念ながら
有田の書店(一軒しかありませんが)でも予約受付中との対応だそうです。

やはり、買いたい書籍は本屋さんで実際に手に取って購入したいと思うのは
私だけではないようです。



  英山(2013-08-11)

   悲しみが痛みへ変わる瞬間の途切れさうなる我が蝉の声   2008.8.7

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~
スポンサーサイト


残照 | 18:17:38 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
はじめてコメントさせていただきます。
久しぶりにブログを拝見したら笹井さんの新しい本が発売になっていると
知り、うれしくなりました。
また新しい笹井宏之さんに出逢えるのかと、今から本を手にするのが
楽しみでなりません。
わたしはブログで詩を描きます。
そして『ひとさらい』を読んでから短歌に興味をもち、挑戦したいと
おもっています。
急いで本屋さんに行って『八月のフルート奏者』じっくりと読みたいと
思います。
2013-08-12 月 01:34:11 | URL | 十六夜KOKO [編集]
十六夜KOKO 様
はじめまして。
すてきな詩、短歌を綴られていらっしゃるのですね。
宏之の『ひとさらい』を読んで短歌に興味を持たれたと聞き、
とても嬉しく思います。
『八月のフルート奏者』を読んで、どのように感じられたか
お聞かせください。
これからもすてきなことばを紡がれますように。
ご訪問いただきありがとうございました。
2013-08-12 月 07:23:59 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。