■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

八月のフルート奏者
       八月のフルート奏者1(2013-07-28)

        八月のフルート奏者きらきらと独り真昼の野を歩みをり

          ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~



これは2006年8月に宏之が詠んだ一首です。

佐賀新聞読者文芸に筒井宏之として投稿しましたが、紙上には掲載されません
でしたので、今年まで宏之のパソコンの中に眠っていた歌です。

宏之のパソコンの中には2000首を超える作品がきちんとファイルされていました。
その中の「佐賀新聞」のファイルには、佐賀新聞に掲載された251首以外に投稿
した歌が並んでいました。

今年まで宏之のパソコンを開くのを躊躇っていましたが、書肆侃侃房の田島社長から、
「今までの歌集は命日の1月24日に発行されているが、宏之さんの誕生日の8月
1日に第3歌集を出したい」
とのお話をいただきましたので、宏之のパソコンのデータを初めて検索しました。

その中には、短歌以外にも俳句、川柳、詩、短編、エッセイ、脚本などのテキスト
をはじめ、作詞・作曲した楽曲も見つかりました。

今回、佐賀新聞関連の歌だけを対象に、加藤治郎様、東直子様に選歌して
いただいた395首と詩「安息の椅子」を掲載していただき、宏之の誕生日
8月1日に 『八月のフルート奏者』 が誕生します。

八月のフルート奏者(2013-07-28)


監修していただいた加藤治郎様、東直子様、書肆侃侃房田島安江様はじめ
関係者の皆さまに心より感謝申し上げます。


もうすぐ8月1日を迎えます・・・・・・


宏之が生前大変お世話になった福岡の歌人須藤歩実さんが宏之のことを
紹介して下さいました。
第1章から第5章までの笹井宏之論と終章にエッセイを記していただき、
有田は7月盆ですので、それに合わせて丁寧にプリントアウトしたものを
送っていただきました。

須藤さんにご承諾をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

「はじめに ~31歳のバースデー~ ・・・・・・」

とてもうれしい誕生日プレゼントになりました。

ありがとうございました。

          (↓ クリックすれば文字が大きくなります ↓)
須藤歩実さん笹井宏之論①  須藤歩実さん笹井宏之論②

          (↓ クリックすれば文字が大きくなります ↓)
須藤歩実さん笹井宏之論③  須藤歩実さん笹井宏之論④

          (↓ クリックすれば文字が大きくなります ↓)
須藤歩実さん笹井宏之論⑤  須藤歩実さん笹井宏之論⑥
         

  月影2(2013‐07‐21)

    静かなる庭に足音響きいて月かもしれぬ 鬼かもしれぬ   2005.9.15

         ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~




   月影1(2013‐07‐21)
 
    長々し夜にわれ独り眠れどもメール受信の僅かな灯り   2005.7.28

        ~ 笹井宏之 『八月のフルート奏者』 より ~

残照 | 23:51:19 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
たのしみです!
八月のフルート奏者、
たのしみすぎて、お取り寄せをやめて
1日に下山して直接買いにいくことにしました
(お取り寄せだと1日には届かないそうで、そういう
こともあり。。。)
一冊の本が手に届くまでの道のりもすきです
高野山にきてから、今までよりも宏之さんの本を
手に取る機会が増えました。
よなよな読んだり。朝起きて開いてみたりしています。

2013-07-29 月 09:33:43 | URL | 安部寿紗 [編集]
ありがとうございました
こんにちは。
拙論を大きくとりあげていただいて、ありがとうございました。

それにしても2000首もストックがあったとは、本当に驚きです。
俳句は一度読ませてもらったことがあったのですが、脚本まで書いていたとは!丁寧に整理されていたのでしょうね。

『八月のフルート奏者」、いよいよですね。楽しみにしています。
2013-07-30 火 17:28:55 | URL | すどうあゆみ [編集]
安部 寿紗 様
28日(日)は夏祭りで磁器太鼓でした。
もう一年経ったのですね。今年の花火もきれいでしたよ。
高野山の気が浄化してくれているようですね、よかったです。

私も『八月のフルート奏者』、楽しみにしています。
(写真の本は表紙と帯のデザインを決める校正時のものです)
書肆侃侃房さんが8月1日の宏之の誕生日に届けてくれることになっています。
最後に宏之の詩「安息の椅子」を取り上げていただいています。
是非読んでください。
2013-07-31 水 04:04:34 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
すどうあゆみ 様
あらためて第1章から終章まで読ませていただきました。

福岡全日空ホテルでの歌葉新人賞の「ささやかな」授賞式と『ひとさらい』の批評会。
数少ない宏之の外の世界での晴れの舞台でした。
加藤治郎さんのお力添えで開催していただいた福岡での授賞式と批評会ですが、会場の手配やお世話をしていただき、晴れの舞台を準備、演出していただいた須藤さんには心から感謝しています。

決して「ささやか」ではなく、宏之にとっても私たちにとりましても「大きな」式典でした。
その両方にご同席いただき宏之を支えていただきましたことを、宏之と私たちは忘れることはないでしょう。

伊津野さんとの出会いも含め、宏之の大切なポイントの時空に須藤さんがいて下さり、歌人笹井宏之の歴史の証言者でいて下さったことに感謝しています。

すてきな「31歳のバースデイプレゼント」を頂戴し、ありがとうございました。
2013-07-31 水 05:12:50 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する