■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

チャリティコンサート
   煙突1(2013-05-03)

      雲一つ風一つ無い震源地上空へ真っすぐ伸びる土筆   筒井宏之

      ~ 佐賀新聞読者文芸 2005年4月14日付掲載作品より ~




今週の土曜日(18日)、大町町のオリオンプラザをメイン会場にして
「第3回東日本大震災復興支援チャリティコンサート」があります。

第3回東日本大震災復興支援チャリティコンサート(2013-5-18)


大震災の年から毎年開催されていて、私も毎回参加しています。
今回はテナーサックスで参加します。1年ぶりのサックスで、今年も
ぶっつけ本番のステージになりそうですが、心を込めて20分の演奏を
楽しみたいと思います。

高校の仲間たちも「被災地に野菜を送る会」でこの3年間、自分たちで
作った野菜を送り続けています。

よろしかったら会場へお出かけください。

詳しくはここをクリックして下さい。

マグリット『大家族』

3年という歳月は私たちの気持ちを風化させつつあります。
でも被災地への支援はまだまだ長い時間を必要としています。
私たち一人ひとりができることはささやかですが、一人ひとりの
気持ちを寄せ集めれば大きな力になります。



『NHK短歌5月号』に宏之の歌が紹介されていると、
佐賀の今泉洋子さんが教えてくださいました。

NHK短歌5月号表紙 NHK短歌5月号P56
     (↑ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)


   清いものになりたいといういっしんでピアニカを吹き野菜を食べる

      ~ 笹井宏之 『てんとろり』 昏睡動物 より ~


田中 槐さん(「未来」短歌会)が現代詞華集「楽器」二十八首の中の
一首に宏之のこの歌取り上げて下さっていました。

今泉さん、テキストをお送りいただきありがとうございました。



宏之とピアノ

        靴音の消えてしまった街角でふいにモーツァルトがうたいだす

           ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 あし圧縮 より ~    




  煉瓦館でのフルート

   夕暮のひかりに迎へられてゐし我が吹くフルートのアヴェ・マリア    筒井宏之

       ~ 佐賀新聞読者文芸 2008年1月24日付掲載作品より ~
スポンサーサイト


残照 | 02:21:58 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
コンサートのお知らせ有難うございました。
今年も出演よろしくお願いいたします。

忘れられようとしていること。
忘れてほしくないこと。
忘れてはならないこと。
忘れてしまいたいこと・・・。
時間は、寛容でもあり残酷でもありますね。
2013-05-14 火 12:05:27 | URL | rengakan [編集]
rengakan 様
18日はよろしくお願いします。
少し音だしをして演奏曲目を考えます。

早目に会場に入るようにします。
何かお手伝いできることがあれば言ってください。
2013-05-15 水 07:13:06 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
えーえんとくちから
初めまして、笹井宏之さんの歌集『えーえんとくちから』についてこの場を借りて質問させてください。この歌集には『ひとさらい』『てんとろり』に掲載されていない短歌が収められていますか?『切れやすい糸でむすんでおきましょう いつかくるさようならのために』という短歌を探しているのですがどうもこの短歌は『ひとさらい』『てんとろり』に収められていない気がするのです。宜しくお願いします。
2013-05-17 金 15:18:08 | URL | 閏曜日 [編集]
閏曜日 様
初めまして。ご訪問いただきありがとうございます。

『切れやすい糸でむすんでおきましょう いつかくるさようならのために』

この歌は2007年の詠題100首『温帯空虚』の中の一首。詠題 066「切」
の歌です。

この『些細』のブログのプロフィールの下に詠題用ブログ『温帯空虚』で
リンクを張っています。
http://blog.goo.ne.jp/sasai-h

2008年1月25日に宏之は加藤治郎先生のお力添えで第一歌集『ひとさらい』
を上梓しました。

その一年後、2009年1月24日に宏之は旅立ちました。

それから2年後、2011年1月24日の3回忌の時に、宏之の歌の
エッセンスを集めた作品集 『えーえんとくちから』が伊津野重美さん、
斉藤倫さん達5名の編集委員の皆さまのお力添えで発刊されました。
5名の皆さんたちにお好きな歌を選んでいただきました。
私も何首か好きな歌を入れさせていただきました。

その後、加藤治郎先生はじめ未来の皆さまのお力添えで第二歌集
『てんとろり』を発行していただきました。(発行日は宏之の3回忌
の2011年1月24日に合わせています)

したがって、第一歌集『ひとさらい』と第二歌集『てんとろり』は時系列的に
編集されていて作品の重複はありませんが、作品集『えーえんとくちから』は
私を含めて編集委員の皆さまの好きな歌をランダムに抽出して作品集にまとめて
います。(佐賀新聞に筒井宏之として投稿した作品も入っています)

『ひとさらい』(発売元BookPark)は宏之自身が作品を選び、装丁も自分で
考えています。
その後書肆侃侃房さんで第一・第二歌集として2冊を発行していただきました。
「未来」の皆さまのご尽力で、ほぼ制作年順に作品をまとめていただき、全作品
ではありませんが、宏之の全歌業が見渡せるようになりました。

歌集の発行にご尽力いただきました多くの皆さまに心から感謝申し上げます。

『温帯空虚』の066「切」を検索してみてください。
2013-05-17 金 23:06:18 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
有難う御座いました
時系列に沿って詳しく教えて頂き有難う御座いました!
2013-05-18 土 09:39:23 | URL | 閏曜日 [編集]
筒井さん、チャリティーコンサートお疲れ様でした・・盛況のようで良かったですね。相変わらずタフで、何処にそのエネルギーを秘めているのかと感心します。
宏之さんは、たくさんの作品を創ってられたんですね・・

ytさん、遅くなりましたが共感していただきましてありがとうございます。日頃、文学などとは縁のない生活をアタフタと送っているおばさんですので、深く鋭い感性をお持ちのytさんに褒めて頂き恐縮です・・
2013-05-22 水 17:15:49 | URL | せつこ [編集]
せつこさん
おはようございます。
先日のチャリティコンサートでは、久し振りに武高22の仲間と会い楽しかったですよ。
奈々美さんはじめ皆さんの元気をいただいてきました。
8月ごろ、佐賀新聞に投稿した短歌を中心に宏之の歌集を出していただくことになりました。
明日、出版していただく書肆侃侃房の方と打合せすることになっています。
ありがたいですね。
2013-05-23 木 06:47:49 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad