■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

花祭り
  塩田津1(2013-05-08)

        廃品になってはじめて本当の空を映せるのだね、テレビは

           ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~
 



昨日は、お釈迦さまの誕生を祝う「花祭り」(釈尊降誕会)が
嬉野市塩田町にある本応寺という所であり、碗琴演奏を頼まれましたので
朝から出かけました。

旧暦4月8日が花祭りの日ですが、月遅れの5月8日に開催されている
ところも多いようです。


長崎街道塩田宿本応寺1(2013-05-08)
長崎街道塩田宿本応寺3(2013-05-08)
長崎街道塩田宿本応寺2(2013-05-08)


塩田の宿は長崎街道の古い宿場町です。

昔の面影を残しながら、おしゃれな街並みになっていました。

演奏前にお寺の周りを散策していて、何かしら懐かしい想いに駆られました。


長崎街道塩田宿1(2013-05-08)
長崎街道塩田宿案内1(2013-05-08)
長崎街道塩田宿案内2(2013-05-08)

有田焼で使っている陶土の多くは、ここ塩田町の陶土工場で生産されています。

祖父は塩田町から有田に出てきて窯を始めました。

本応寺での碗琴演奏後、あるご婦人から
「あなたのお父さんと従妹ですよ」と声をかけられました。

そういえば、祖母の生家がこのお寺の近くで、子供の頃に父に連れられて
この地区を訪れたことを何となく思い出しました。


50有余年ぶりに訪れたこの場所は私のルーツだったのですね。


塩田津2(2013-05-08)


一昨日(7日)は孝徳の誕生日でした。
我家の友人からすてきなバースデイカードとメッセージが届きました。

ありがとうございました。

私は何も用意はしていなかったので、仕事の外回りで武雄にいったついでに
ショートケーキを買って帰り、ささやかな誕生会。

ショートケーキ1(2013-05-07)



陶器市2日目の4月30日に、東京からツアーのお客様が有田を楽しまれた後
嬉野のホテルに泊まられ、その宴席で碗琴を楽しんでいただきました。

嬉野「桜」碗琴2(2013-04-30)
嬉野「桜」碗琴1(2013-04-30)

このところ、嬉野での碗琴演奏の機会が増えてきました。




  君子蘭2(2013-05-07)

        くれなゐの目にあをぞらを映しては春の終はりへ跳ぶ山兎

     ~ 佐賀新聞読者文芸 2006年5月18日付掲載作品 より ~
スポンサーサイト


残照 | 08:58:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad