■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

有田陶器市
  池の辺リ3(2013-05-03).

        やむをえず私は春の質問としてみずうみへ素足をひたす

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 仮面売り より ~




有田陶器市も今日(5日)が最終日。

有田陶器市1(2013-05-04)

有田観光協会前広場は「ご当地グルメフェア」会場。
連日、たくさんのお客様で賑わっています。

有田陶器市2(2013-05-04)
有田陶器市3(2013-05-04)

いろいろなイベントが開催されています。

有田陶器市4(2013-05-04)

今年もスコットランドからバグパイプがやってきてパレードがありました。

バグパイプ1(2013-05-02)
バグパイプ2(2013-05-02)
バグパイプ3(2013-05-02)


今年もすでに100万人を超えるお客様が有田にお越しいただいています。
お近くの方はお出かけください。



池の鯉1(2013-05-03)
家の周り3(2013-05-03)
煙突と蔦1(2013-05-03)
煙突と蔦2(2013-05-03)

  家の周り4(2013-05-03)

      おくゆきがほしいときには煙突をイメージしたらいいんじゃないの

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 いれもの より ~
スポンサーサイト


残照 | 07:20:35 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-05 日 08:01:21 | | [編集]
お疲れ様でした
陶器市、お疲れ様でした。と言ってもまだまだ事後処理も山積みでしょうが、ちょっとはホットされましたか?
今年はお天気にも恵まれ、人出も例年に無く沢山の人が訪れたみたいですね。  有田を始め日本中が元気に活気溢れる様になったらいいのですがね。

孝徳君一席おめでとうございます。
リズムがあって良い歌ですね。
2013-05-06 月 04:18:32 | URL | うめちゃん [編集]
うめちゃん
うめちゃん 、ありがとうございました。
おかげさまで今年も陶器市にはたくさんの人にお越しいただきました。
陶器市の片付けも今日の午前中までかかりました。
陶器市モードを切り替えて、25年度事業の業務に入っています。

孝徳の詩、私もいい作品だと思います。
これからの作品も楽しみにしたいと思います。

だんだん夏の陽ざしになってきました。今日は武雄・伊万里を車で回ってきましたが、
暑いくらいでした。

お互い健康に留意して夏を迎えましょうね。
2013-05-07 火 14:16:54 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
おつかれさまでした。そして引き続き、おつかれさまです。
ハナミズキ越しに見る煙突の写真、まさに
「ひみつ」目線ですよね、お父様の。

筒井家の皆さんは『秘密上手』でもありますね。

「いま辞書とふかい関係にあるからしばらくそっとしておいて。母」
辞書と「ふかい関係」になってしまうお母様。(この意味深!笑)
『閉園後プラネタリウムにあこがれた動物たちが星座になる夜』
を知っている、孝徳さん。

そして宏之さんの

欠けているぶぶんの月が廃校の棚に入っているのは秘密
(2007年1月31日の日記より)

秘密上手なひとは魅力的。

孝徳さんの詩の
「目映い無力感」という表現の衝撃!!!
私にとって、『風のしわざとも知らず』の「群青を揺らす」に匹敵する感銘。
美しい…
(そして貝原さんの総評にすっかりやられてしまった……!!)

このあいだのせつこさんのコメントの
>元に流れる感性(慈しむ)が、父子ですごく似てられるのかなとも思います。
>宏之さんのは研ぎ澄まされていて、お父さんは円熟した心
という感じ方、
言い得て妙だ!!と、深く納得。共感。
『お父様の写真×宏之さんの歌』が、私の「宏之さんの世界」をさらに広げ、深め、色付けてくれることを
とても幸せに思います。
2013-05-08 水 19:45:04 | URL | yt [編集]
yt 様
いつもありがとうございます。
これだけ宏之の歌を、孝徳の詩を深く読んでいただき感謝です。
私に関しては、何とも・・・、美しい誤解・・・。
でも、褒めていただきうれしいです。ちょっとプレッシャーも感じますが(笑)

孝徳の誕生日にはすてきなプレゼントをありがとうございました。
2013-05-09 木 04:59:16 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad