■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

上を向いて・・・
  雪の朝(2013-01-01)1

       猫に降る雪がやんだら帰ろうか 肌色うすい手を握りあう

        ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 うすくみたす より ~





佐賀新聞読者文芸1月の詩部門の一席に孝徳の作品「夢」が掲載されていました。

本人は意外だったようで一言、

「えっ?・・・」

今回の投稿詩はあまり意識していなかったようですが、今年最初の作品ですので
何はともあれ、よかったよかった。

(↓ クリックすれば文字が大きくなります)
佐賀新聞読者文芸2013-1一席「夢」
貝原 昭・選
鋭く豊かな感性が端整な肉声と相俟って立ち上がってくる。
降りつもる雪が見殺しにした子猫のことも忘れさせるという
残酷な〈夢〉から逃れられない葛藤が余韻を残す。


我家のねこさんたちの今年の抱負は?

「上を向いて・・・」

「上を向いて」みーたん1
「上を向いて」みーたん2
(写真:みーたん)

「上を向いて」ごんちゃん1
「上を向いて」ごんちゃん2
(写真:ごんちゃん)

「上を向いて」のんちゃん1
「上を向いて」のんちゃん2
(写真:のんちゃん)

のん 「そう、上を向いて笑おう!」

ごん 「えーと、今年の干支は・・・? ぼくたちの年はないのかニャー?」

みー 「吾輩は猫である。名前はまだ無い、じゃなくて、みーたん。
    漢字で書くと巳ーたん。したがって今年は吾輩の年である」


みー・ごん・のん 「今年もよろしくお願いしまーす!!!」


  みーたんさんぽ1

        初めての草むらで目を丸くして何かを思い出している猫

      ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 ひときわながいやすみ より ~
スポンサーサイト


残照 | 19:00:42 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
おめでとうございます
孝徳君、おめでとうございます。
もしかすると誰もが経験した事があり、故意に見過ごしたかもしれない。でも、それが心にひっかかって忘れる事が出来ないでいる心の葛藤を感じますね。誰もが・・だから孝徳君の詩に共感できるのかもしれませんね。
的確な言葉に表す事ができるのが凄いし素晴らしいな~と思います。

遅れましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
和子さん、風邪には気を付けて去年よりは少しだけ元気になって下さいね。
2013-01-14 月 11:09:14 | URL | うめちゃん [編集]
うめちゃん
ありがとうございます。
俳句、短歌、詩など自分の思いを言葉に紡ぐことはすばらしいことですね。

おかげさまで、和子さんも少しずつですが、元気になっています。
みなさんに感謝です。

今年もよろしくお付き合いください。
2013-01-14 月 18:20:05 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad