■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

陶山神社の碗灯
  陶山神社1(2012-12-18)

    歳月の手形のやうに額を吹く風、その風に手を合はせたり   筒井宏之

       ~ 佐賀新聞読者文芸 2009年1月8日付掲載作品より ~




いよいよ今日は大晦日。


陶山神社から少し登った山の頂には、有田焼の陶祖李参平公の碑が祀られています。

陶祖李参平公の碑(2012-12-18)

陶山神社の参道の階段を上るとすぐに踏切があり、何と境内には鉄道が通っています。
「日本珍百景」でテレビでも紹介されました。

陶山神社境内の踏切(2012-12-18)


大晦日の夜、11時頃から新しい年の午前2時頃まで参道から境内、そして
有田焼でできた鳥居をくぐって神殿まで、「碗灯」がともされます。

碗灯2(2011-12-31)
碗灯1(2011-12-31)


今日の昼前に陶山神社の宮司さんから、新しい年の午前零時から「碗琴」を演奏して
欲しいとの電話があり、急遽、陶山神社の神殿で演奏することになりました。

行く年を碗灯で惜しみ、来る年を碗琴で迎える、「碗灯」と「碗琴」のコラボです。


皆さま、よいお年をお迎えください。


(写真:2005年3月23日 有田マイセン姉妹都市提携25周年記念「有田陶芸協会 ドイツ陶芸展帰国展」会場
日本橋高島屋にて ↓)

碗琴(2005-03-23 日本橋髙島屋会場)

      冬用の父をふとんではさんだら気品あふれる楽器になった

    ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 鮭フレークが降る交差点 より ~


残照 | 15:15:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する