■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

044:飛(笹井宏之)
飛べなくてもかまいません その背の骨にからだをゆだねさせてください
スポンサーサイト


題詠blog | 00:35:31 | Trackback(1) | Comments(4)
コメント
こちらを掲示中です
こんにちは、今回はこちらを飾ってみました。

かばんのご案内ありがとう♪

ところで、正岡(豊)サンも関西かばんにいらっしゃるようだけど。(ゲンキなのかなぁ…。ごぞんじ?)
2006-06-04 日 15:45:40 | URL | 小軌みつき [編集]
こんばんは
掲載、ありがとうございます。
正岡豊さんはとても好きな歌人さんなのですが、見かけたことはありません。
僕がかばん関西のメーリングリストにはいるまえ、「かばん」を退会されていたようです。

サークル活動なので、参加されることは、あるかもしれませんけれど。


 夢のすべてが南へかえりおえたころまばたきをする冬の翼よ(正岡豊)


この歌が、大好きなんです。
2006-06-04 日 22:52:27 | URL | 笹井宏之 [編集]
こんばんは
ほーそうだったんですか。(ふむ)
(笹井さんはいつかばんに入られたの?)

正岡氏とはむかーしネットで知り合いまして。その時に一度句会に誘っていただいた。連歌とかもネット上で「やろ」って誘ってくれて、やったような思い出があります。

その時「四月の魚」謹呈いただいて(いまも大事に)。
いい歌いっぱいありますよね。うんうん。

みずいろのつばさのうらをみせていたむしりとられるとはおもわずに
                                    正岡豊
思い出す歌といえばこれかな。

2006-06-05 月 21:16:36 | URL | 小軌みつき [編集]
わあ
「四月の魚」を持っておられるのですか!
それはうらやましい。

雑誌「短歌ヴァーサス」で誌上歌集として復刻された「四月の魚」は
とても大切に持っています。

僕は「かばん」の会員ではなく、去年の夏ごろから、関西のサークル(主にメーリングリストでの歌会)にだけ参加しています。
2006-06-05 月 22:43:13 | URL | 笹井宏之 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

[第12回 週末短歌サロン]
「感じる この歌 この1首選」 サロンの詳細は、お歌の最終左「続きを読む」をクリックしてご覧下さい ------------------------------------ 41.注射跡撫でつつあるく陽のひかりほどけたように泣きだしそうだ ざぼん(注射:061) http://d.hatena.ne.jp/zabon923/20060501 2006-06-04 Sun 15:46:17 | 小軌みつき-つれづれ日和-

FC2Ad