■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
文学碑 その5-有田ホトトギス会句碑
  泉山バス停からの朝陽(2012-10-13 06:25)

     透けてゆくやうに丸まりたる猫を朝陽の中にそっと掴みぬ   筒井宏之

       ~ 佐賀新聞読者文芸 2008年11月6日付掲載作品より ~




(写真:自宅付近、泉山バス停からの朝陽 2012-10-13 06:30 撮影)



有田ダム登り口の駐車場の一角に有田ホトトギス会の句碑があります。

時折ここを訪れますが、句碑に気付く人は少なくそっと佇んでいます。

有田ホトトギス会句碑1(2012-10-04)

有田ホトトギス会
ホトトギス同人で佐賀県俳句協会会長の岸川鼓蟲子(博輝)主宰。昭和9年に長崎高等
商業学校を出て香蘭社に入社した岸川が郷土史家池田忠一(泉山)、赤絵町の法元寺
住職中野子老とでつくり、九州俳壇の重鎮河野静雲の指導を受けながら充実を図って
来た。
会員は20余人。昭和11年から陶器市協賛の俳句大会を主催し近く60回を数える。
会員の句集「窯」のほか、平成2年には全国的にも珍しい焼き物にちなむ句の歳時記
を発行した。

有田ホトトギス会句碑2(2012-10-04)

窯々に元旦の神酒奉る  増富草平

窯番とゐて年惜しむ心かな  岸川鼓蟲子


有田ホトトギス会句碑3(2012-10-04)

昭和48年と49年に有田ダムに建てられた句碑にある会員の句

窯々に元旦の神酒奉る  増富草平
窯番とゐて年惜しむ心かな  岸川鼓蟲子
窯づめのかたりことりと明易し  諸国白土影
息抜きの窯師に河鹿鳴き澄めり  山口たつみ
古伊万里のかけらも見えて秋の水  山下碧川
暦果つ窯場の煤の太柱  山口猿川
ちゃんちゃんこ著けしその人柿右衛門  辻未知多
描き終えし窯場の日記ちろろ鳴く  古川花翠
忘れ霧さっさと掃いて終いけり  立林未然
秋桜病院にして藁家かな  百田一渓
火の神に大焚火して窯始  広瀬麗水
陶市の客もてなしの菖蒲風呂  岸川多代
皸の癒ゆる間のなき轆轤弟子  金子紫雲洞
陶土濁りこゝより生まれ春の川  松林鳴風
濃娘等の溜場となり草餅屋  森本水蘭女
ぼんぼりに子の絵貼られて夏祭  山口光雨
耳遠き故の仲よし日向ぼこ  溝上青甕



泉山バス停脇のコスモス(2012-10-13 06:29)
(写真:自宅付近、泉山バス停脇のコスモス)



伊津野重美さんの「フォルテピアニシモ vol.8」が11月3日に開催されます。

前売り発売が開始されました!!


********************************************************

フォルテピアニシモ vol.8 ~ Rebirth ~

遅すぎることなどはない いつの日もあなた自身が約束だから 

  http://homepage2.nifty.com/paperpiano/Rebirthhtml.html


   伊津野 重美  朗読  
    森重 靖宗  cello


日時:2012年11月3日(土)12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

料金:前売2,500円  当日3,000円 (別途ドリンク代)
チケット前売り発売 10月3日(水)より
前売りは店頭販売かweb予約
予約アドレス http://www.mandala.gr.jp/spc/ticket/yoyaku.html

STAR PINE'S CAFE http://www.mandala.gr.jp/

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1  TEL:0422-23-2251
→ 吉祥寺駅より徒歩3分
吉祥寺駅・北口を出て、吉祥寺大通りを北に直進し、
ヨドバシカメラを越えた角を右折。
20mほど進むと左手にSTAR PINE'S CAFEが見えてきます。

********************************************************


  (写真:職場からの夕景 2012-10-12 17:40 撮影)
  夕景1(2012-10-12)

   焔(ほむら)走る白雲を切り裂く斜陽の捩じ込まれる狭山の際に   筒井宏之

     ~ 佐賀新聞読者文芸 2004年12月9日付掲載作品より ~
スポンサーサイト


残照 | 08:22:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。