■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

文学碑 その3ー高浜年尾句碑 
  有田観光協会にて3(2012-10-08)

      食卓にもみじの苗が二、三本あがっていたらそれは希望です

       ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 たくさんのいとこ より ~




昨日は寒露。いよいよ秋も深まっていきます。

職場から見る山の端もだいぶ色付いてきました。

爽やかな秋晴れの一日でした。

有田観光協会にて1(2012-10-08)
(写真:職場より 2012-10-08 11:55 撮影)

有田観光協会にて2(2012-10-08)
(写真:職場より 2012-10-08 18:25 撮影)

きれいな夕焼けでした。



有田の文学碑探訪 その3

有田ダムの評定橋と岩越橋の間の展望所に高浜年尾の句碑があります。

ここもダムの湖面が美しく映えるスポットです。


高浜年尾句碑1(2012-10-04)

高浜年尾:俳人。東京・神田に虚子(きょし)の長男として生まれる。1935年(昭和10)ごろから
俳句生活に入る。俳句は早く中学時代から父の手ほどきを受けた。連句にも関心をもち、38年
『俳諧(はいかい)』発行。51年(昭和26)、虚子にかわり『ホトトギス』雑詠選をなし主宰した。
『年尾句集』(1957)がある。


高浜年尾句碑2(2012-10-04)

高浜年尾句碑:「ダムの中 島ありて 草紅葉して」


高浜年尾句碑4(2012-10-0)
高浜年尾句碑4(2012-10-04)

    ひらかれてゆくてのひらを鳥が舞いみえかくれする島のきりぎし

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 ゆらぎ より ~


残照 | 02:26:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する