■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

「わたし」・・・
  アゲハと曼珠沙華1(2012-09-21)

   群るることああ忘れたというような目をひらきおり我が曼珠沙華   筒井宏之

      ~ 佐賀新聞読者文芸 2005年10月13日付掲載作品より ~





わたしは曼珠沙華と戯れていたアゲハに目を遣った・・・

アゲハと曼珠沙華2(2012-09-21)

美しい。

アゲハ1
アゲハ3
アゲハ2



今度の土曜日(29日)午後3時から、大村市野岳湖で
「碗琴の演奏と笹井宏之の短歌朗読会」
を開催していただくことになりました。
宏之の歌集を読まれた喫茶店のオーナーが、同じ大村市で作陶をしている
有田磁器太鼓のメンバーの知人ということで私に電話がかかってきました。

偶然ですが、野岳湖は宏之が好きだった場所で、
「お母さん、今度、野岳湖に連れて行くよ」
と和子さんに言っていたそうです。

太鼓のメンバーも野岳湖でクラフト展を開催するので、その会場でも午後1時
過ぎから碗琴を演奏します。

碗琴と笹井短歌朗読会
(↑ クリックすれば文字が大きくなります)



宏之と親しくお付き合いいただいたメール仲間のお一人が「短歌研究」の現代短歌評論賞に
論文 ネット文化の「わたし」 を出され、候補作品まで残られたそうです。

原稿を送っていただいたので、大変ありがたく読ませていただきました。
佐藤さん、ありがとうございました。

笹井宏之論の部分につきましては「引用」のお許しをいただきましたので、長文ですが
ご紹介させていただきます。

笹井宏之論(1)   笹井宏之論(2)
  (↑↓ ここをクリックすれば文字が大きくなります ↑)
笹井宏之論(3)


  
英山(2012-09-23)

   夏草になつ暮れてゆく前奏はひかりのなかの鷺のはばたき   筒井宏之

     ~ 佐賀新聞読者文芸 2005年10月13日付掲載作品より ~
 

残照 | 22:55:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する