■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
上弦の月
  上弦の月(2012-09-23)

    静かなる庭に足音響きいて月かもしれぬ 鬼かもしれぬ   筒井宏之

     ~ 佐賀新聞読者文芸 2005年9月15日付掲載作品より ~




月がとてもきれいでした。

♪上弦の月だったっけ~♪

拓郎の歌を口ずさみながら、しばしお月見。



お彼岸で墓参りに行ってきました。

墓参り1(2012-09-23)
墓参り2(2012-09-23)


先日の台風で倒木が数本見られましたが、何とか墓までは登れました。

墓参り3(2012-09-23)
墓参り4(2012-09-23)


墓から我家の裏山と煙突が一部望めます。
墓参り7(2012-09-23)
墓参り6(2012-09-23)
墓参り5(2012-09-23)
墓からの煙突(2012-09-23)


登り降りの途中には秋の草花が・・・

ススキ(2012-09-23)
秋の花(2012-09-23)


墓参りを終えて山を下ると英山の夕景と上弦の月が迎えてくれました。

英山2(2012-09-23)
英山2(2012-09-23)
夕刻の上弦の月2(2012-09023)
夕刻の上弦の月(2012-09-23)


裏庭は彼岸花畑になっています。

彼岸花(2012-09-23)


秋が深くなってきました。


通り(2012-09-23)

  はらはらと枯葉舞ひゐる国道を夏の背中が遠ざかりゆく   筒井宏之

    ~ 佐賀新聞読者文芸 2006年9月28日掲載作品より ~  
 
スポンサーサイト


残照 | 23:52:52 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
せなかがゾクゾクするような、すばらしい歌のご紹介ありがとうございました。
筒井家のお墓は、とてもよい場所にありますね。
我家を望めるところにあるなんて、すてきだと思いました。

国道の風景も、歌のイメージがつかめました。
豊かな自然と、母の話にしか聞いた事がなかった彼岸花の群生。
宏之さんは、たしかに豊かな世界を日常に見ていられたのだと知ります。

このブログは、実にいきいきとしていて、
天才歌人笹井宏之さんを知る為にも、とても重要だとかんじています。
不思議と歌人の今を、いつも感じさせて頂けて。
中国にも、笹井宏之さんも一緒に行かれたのだなあ。と、思う。
ありがたい事だと思います。
ありがとうございます。  ムムリク

2012-09-24 月 03:20:30 | URL | ムムリク [編集]
ムムリク 様
おはようございます。
こちらこそ、いつもありがとうございます。

お墓は少し急な山道を登らなければならないので、
93歳の母はもう登れません。
お彼岸の時、お墓掃除に行く度に写真を撮り母に
見せています。

衆生被困厄 無量苦逼身
観音妙智力 能救世間苦

ありがとうございます。
2012-09-24 月 07:23:50 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。