■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

天使の笑顔
  久留米天使園1(2012-07-21)

 夕暮のひかりに迎へられてゐし我が吹くフルートのアヴェ・マリア   筒井宏之

     ~ 佐賀新聞読者文芸 2008年1月24日付掲載作品より ~




朝8時に我家を出発し、久留米市にある児童養護施設「久留米天使園」
行ってきました。

和子さんの恩師がここの施設の子供たちのためにボランティアで活動されて
いるご縁で、昨年から子供たちのための「碗琴コンサート」を開催しています。

約1時間のコンサートですが、後半は子供たちに私の碗琴・オカリナ・横笛・
カスタネット(いずれも有田焼)の好きな楽器を選んでもらい、一緒に演奏を
楽しんでいます。

久留米天使園2(2012-07-21)


演奏会が終わり、子供たちから花束をもらいました。

2人の子供が色紙とサインペンを持ってきて、サインを求められました。
初めてのことで、何をかいていいものやら・・・・・・

○○君(さん)へ
 碗 琴(わんきん)
 2012年7月21日

           筒井孝司 」

と書くのがやっとでした。

いろいろな問題を抱えた家庭環境で育った子供たちですので、笑顔が少ない子供が
多いようですが、自分で演奏する時に見せる屈託のない笑顔。
(写真を撮る時の「チーズ」の作り笑いではなく)
施設ですので子供たちの写真は紹介できませんが、子供たちが一瞬見せる心からの
笑顔が私にとって一番のお礼のプレゼントです。

すてきな天使の笑顔をたくさん、たくさんいただきました。

  久留米天使園花束(2012-07-21)

      ひきがねをひけば小さな花束が飛びだすような明日をください

         ~ 笹井宏之 『えーえんとくちから』 より ~ 
  

残照 | 18:18:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する