■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

大町煉瓦館
  煉瓦館1(2012-05-20)

     在りし日の坑夫のやうに太き風、煉瓦の纏子蔦を揺らし   筒井宏之

       ~ 佐賀新聞読者文芸 2007年4月5日付掲載作品より ~




今日はお昼前から大町煉瓦館に出かけました。

煉瓦館2(2012-05-20)
煉瓦館10(2012-05-20)

ここはコンサート会場、写真展などのギャラリーとして使われていて
大町町民の皆さまのコミュニティの場になっています。
趣のある素敵な会場です。

煉瓦館4(2012-05-20)
煉瓦館6(2012-05-20)

来週の日曜日(27日)のチャリティコンサートで「歌人 筒井宏之の部屋」のスペース
を作っていただけるので、館長さんにお礼のご挨拶と宏之のパネルや歌集、佐賀新聞の
記事など資料を持っていき、当日の演奏の打ち合わせをしてきました。

煉瓦館7(2012-05-20)


館長の大西奈々美さんは高校の同級生で、和子さんも久しぶりにお会いしたいというので
一緒に行き、打合せというより楽しくおしゃべりしてきました。

宏之のコーナーには奈々美さんの書が展示されます。
宏之の歌の中から家族の歌を中心に十数首選んで下さっていました。
書もすてきでしたが、奈々美さんのお気持ちに二人で感動しました。

当日展示されますので、写真に撮ってきて紹介します。

奈々美さん、今日はありがとうございました。

煉瓦館8(2012-05-20)
(写真:和子さんと奈々美さん)


私が外回りの写真を撮っていると、煉瓦館の中から和子さんの歌声が聴こえてきたので
急ぎ戻り写真撮り。

煉瓦館11(2012-05-20)
煉瓦館で和子さん熱唱(2012-05-20)

和子さん曰く、
「写真は何枚か撮って、一番可愛い写真を使うのよ!」
と怒られました。
慌てて戻ったので上の2枚しか撮っていませんでした。

ちなみに歌っていたのは、「津軽のふるさと」 (美空ひばり)。


煉瓦館3(2012-05-20)

   しづかなる炭坑街の片隅に転がつてゐるサッカーボール   筒井宏之

     ~ 佐賀新聞読者文芸 2007年4月5日付掲載作品より ~




煉瓦館の帰りに、武雄市にある「如蘭塾」に立ち寄りました。
ここでコーラスのサークルがあっていて、和子さんが「歌ってみようかな」
というので、下見がてら見学。

ここでも写真は1枚しか撮っていませんでした、反省。

如蘭塾1(2012-05-20)

   さとうきび畑の唄をうたひきり夏大根ざくりときざむ母   筒井宏之

    ~ 佐賀新聞読者文芸 2006年8月31日付掲載作品より ~
スポンサーサイト


残照 | 20:13:44 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
まあ、残念。。。和子さんのあの澄んだ歌声を聴きたかったわ~。
煉瓦館に響いて一層素敵な歌声になったのではないですか・。

ナナミちゃんは着々とチャリテーの準備をこなされていますね。後ははもう当日を待つだけじゃあないのかな・・?あのパワーには本当に感心します。
当日は残念ながら伺えないのですが、22回生の美女軍団がお手伝いに来られるそうですから益々パワーアップの催しになりそうですね。
2012-05-21 月 09:39:20 | URL | うめちゃん [編集]
うめちゃん
久し振りに二人で出かけました。
少しずつですが皆さんと会えるようになりつつあります。

奈々美さんは相変わらずパワフルでした。着々とコンサートの準備は
進んでいるようですが、私のサックス演奏の方は、この数ヶ月楽器に
触っていませんので、いつものようにぶっつけ本番になりそうです。
22回生の皆さんもお手伝いに来られるようですので楽しみです。

今回は残念ですが、また次の機会にお会いしましょう。

ありがとうございました。
2012-05-21 月 23:27:17 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad