■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

Who's next ?
  葉桜2(2012‐04‐14)

     一陣の風受けしのちしづもれる若葉のあひを桜散りゆく   筒井宏之

      ~ 佐賀新聞読者文芸 2007年4月26日付掲載作品より ~ 
 



昨日の雨で我家の桜は殆ど花びらを散らしました。

今朝は花びらの絨毯で目を楽しませてくれました。

桜の花びらの絨毯1(2012-04-14)
花びらの絨毯2(2012-04-14)

   わがうちに散る桜あり 君の名を呼ぶとき君はきらきらと風   筒井宏之

     ~ 佐賀新聞読者文芸 2006年4月27日付掲載作品より ~
 



代わってシャクナゲが出番を待っています。

シャクナゲと葉桜(2012-04-14)


シャクナゲの木の下に目を落とすとスイセンが・・・

スイセン1(2012-04-14)


玄関にはツツジが可愛い蕾をいっぱい蓄えています。

ツツジ1(2012-04-14)
ツツジ2(2012-04-14)


名前を知らないのですが、今年もピンクの花を咲かせてくれました。

ピンクの花(2012‐04‐14)


南天の実は息が長い・・・

南天(2012‐04‐14)


そして、若葉が萌え始めました。

若葉1(2012‐04‐14)

若葉3(2012‐04‐14)


桜ほどの強烈な印象は残しませんが、いろいろな草花が出番を待ちながら
毎年、我家の周りで春をつないでくれています。


【ブログ紹介】

先日ご紹介したけいさんが、この『些細』のブログをご紹介下さいました。
リフレッシュルーム"K" (4月11日)

ありがとうございました。
スポンサーサイト


残照 | 22:51:30 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
素晴らしい草花のお写真ですね。どこか山の方にでも行かれて
撮影されているのかと思ったらご自宅なんですね。
桜の木までお家にあるとは、東京の高層マンション暮らしの私には
創造もつかない豊かな生活のように見受けられます。
宏之さんの短歌もこういった環境から生まれているんですね。
私も自然を求めて旅をしなくては。。。
またブログのご紹介もありがとうございました。
2012-04-15 日 07:39:32 | URL | けい [編集]
花海棠
おはようございます。
景色、お花と宏之さんの歌がマッチして楽しませて頂いています。
花海棠(はなかいどう)と言います。
梅、椿、桜の花が終わる頃に可愛い可憐な花が咲いてくれますね。
桜みたいな淡いピンクが木一面に、花が垂れ下がっているので当初はサクランボみたいに実がなってくれないのかな~なんて心待ちしていた時期もありました。昔も今も花より団子イエイエ花も団子も・・、欲張りなんです。
2012-04-15 日 08:41:21 | URL | つるさわ [編集]
けい 様
おはようございます。
有田は山あいの町ですので、自然に恵まれています。
子供の頃は野山を駆け回って遊んでいましたが、この数十年は
「兎追いし」ではなく、仕事に追われ、ふるさとの山や川、野の草に
目を向けることは殆どありませんでした。

ブログを引き継いでからでしょうか、回りの景色が目に入るようになり
雲の流れに、風の音におどろきをおぼえ、自然の営みを感じることが
少しできるようになりました。

こちらこそ、ブログにご紹介いただきありがとうございました。
2012-04-15 日 09:55:44 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
つるさわ 様
おはようございます。
「花海棠」だったのですね。以前、植木屋さんにこの花の名前を
訊いたことがあったのですが、そういえば「何とかかいどう・・・」
と言われたような気がします。
ありがとうございました。気になっていましたので、今日のお天気の
ように朝からスッキリと日曜を楽しむことができます。

有田の方は陶器市の準備に入り、何となくワクワクそわそわ、気忙しく
なってきました。
陶器市には皆さんでお出かけください。
2012-04-15 日 10:09:57 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
先日、「花筵」という言葉を知ったのですが
これぞ花筵!

いろいろなお花に囲まれた筒井家、素敵*

ピンクのお花、「花海棠」というのですね!
私も気になっていたので、スッキリ。
そしてなんだかおいしそう…(←花も団子も!!派)

My season has come!に向けて
みなさん準備万端ですね。
蕾って、わくわくします。かわいい!
そして貫禄!の南天。

自然の営みは愛おしい。

もうしばらく春の空気をあじわいつつ
新緑の季節の 薫風と青い景色と匂い、
近隣で開くテイカカズラの香りを、楽しみにしている私です。

2012-04-16 月 04:05:47 | URL | yt [編集]
こんにちは。
 桜はもう散ってしまったんですね。きれいな写真を何枚もアップしていただいて、ありがとうございました。満開の桜も、空に散っていくはなびらもとてもきれいでした。
 
 桜のあとにも続々とお花が咲いていきますね。次々と命が芽吹いてく春は、やはり特別な季節だな、と改めて感じています。たくさんの植物たちに囲まれて、すてきなお庭ですね。埼玉のわが家では父が花を育てていますが、とてもとても小さな庭なので、うらやましいくらいです。

 ブログを拝見していると、有田は本当に自然の豊かなところなのだなあと思います。この豊かさの中から笹音さんの歌は生まれてきたのですね。これからも、更新楽しみにしています。
2012-04-16 月 05:46:44 | URL | まき [編集]
yt 様
「花筵」、きれいなことばですね。
ありがとうございます。

淡いピンクのソメイヨシノがはらはらと散って、一週間も
経たないうちに、今度は八重桜が私の出番とばかりに
少し濃いピンクの花びらを開花させました。

夏に向かって咲く花は少し濃い色彩のものが多いよう
ですね。
このところの陽気で、「夏色」の花々が一気に咲き始め
私たちの目を楽しませてくれます。

自然の営みの感謝。
2012-04-17 火 19:48:25 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
まき 様
いつもありがとうございます。

我家の場合は「庭」というより山がすぐ迫っていますので
「里」?でしょうか・・・
家の周りだけは時折剪定を頼みますが、あとはほったらかし
ですので、野草雑草が伸び放題で、特に夏場は手入れが
できません(手入れをしても追いつきません)。

そんな環境で宏之も(私も)育ちました。「丹精込めて育てる」
というよりもそのまま自然に任せています。
これも一種、「育てる」ということもできますでしょうか。

できるだけこの自然をそのまま残したいと思っていますが・・・
2012-04-17 火 20:25:08 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad