■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

芽吹き
  南天(2012-03-17)

     今は亡き祖母の歌いし南天の実は啄まれようやくの春   筒井宏之

      ~ 佐賀新聞読者文芸 2005年3月10日付掲載作品より ~

  
      


一雨ごとに春の訪れをはっきりと感じます。

夕方、家の周りを歩いてみると、いろいろなものが芽吹いていました。

桜のつぼみ(2012-03-17)1

桜のつぼみが膨らみはじめました。

桜のつぼみ(2012-03-17)2


ひいらぎ(?)
ひいらぎ(2012-03-17)

松ぼっくりが。
松(2012-03-17)

ツツジ。
ツツジ(2012-03-17)

遅咲きの椿。
椿(2012-03-17)

山茶花が最後の一花を咲かせていました。
さざんか(2012-03-17)


そして紫陽花も。
紫陽花(2012-03-17)




我家のねこさんたちも、今か今かと春の訪れを
首をながーくして待っていました。

のんちゃん(2012-03-15)

のんちゃん 「やっと日向ぼっこ三昧の日々が・・・」


ごんちゃん(2012-03-16)

ごんちゃん 「うん」


みーたん、ごんちゃん

みーたん 「もうすぐストーブ生活も終わるね」
ごんちゃん 「うん、うん」 


残照 | 23:38:28 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-08-16 木 08:01:55 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する