■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

3月7日は・・・
  丹後橋(2012-02-23)

     三月のあたまにかかる橋ありき 眠りののちに渡り終らむ   筒井宏之

       ~ 佐賀新聞読者文芸 2007年2月22日付掲載作品より ~




今日(3月7日)発売の『ミセス』(4月号)の巻頭「季節のとびら」①桜に、
宏之の桜・花の歌を3首取り上げていただきました。

『ミセス』(2012.4月号)①
(↑↓ここをクリックすれば文字が大きくなります)
『ミセス』(2012.4月号)②




佐賀新聞読者文芸の3月の詩に孝徳の作品(三席)が掲載されました。
詩【ウソナキめぐすり】(佐賀新聞2012-03-01掲載三席)
  (↑ここをクリックすれば文字が大きくなります)

この意表を突いた「詩」を読みながら思わずニヤリ。


3月7日、今日は私たちの31回目の結婚記念日でした。

宏之の歌と孝徳の詩、二人からの私たちへの素敵なプレゼントでした。


【今日のおひなさま』

『花びなⅡ』
    『花びな Ⅱ』



残照 | 23:53:35 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-03-08 木 07:25:53 | | [編集]
ミセス掲載おめでとうございます。
私は宏之さんの家族を歌った歌が大好きです。特に母。
「うそなき目薬」ユニーク!
2度クスリと笑いました。
どちらもおめでとうございます!!
2012-03-09 金 11:10:28 | URL | nancyonishi [編集]
お久しぶりです。
宏之さんの繊細で愛情にあふれた歌にぬくもりが全身に広がっていくようです。
孝徳さんの詩にも笑いながら胸が熱くなりました。また読ませていただけると嬉しいです。
優しい時間をありがとうございました。
2012-03-10 土 02:21:53 | URL | 沙羅樹 [編集]
 今週も歌を載せてくださり、ありがとうございます。

 午後きみはひかりのかごを編んでおり 居眠りをするわれの傍ら

 春のやわらかい日差しが感じられて、とても好きです。弟さんも笹音さんとはまた違った、すてきな感性をお持ちの方ですね。「ウソナキめぐすり」、思わずクスリとしてしまいました。

 平日は家と学校の往復、午後は勉強で終わってしまいますが、土日は美術館へ足を運ぶことが多いです。もともと絵を見ることは好きなのですが、こちらではいい美術館がたくさんあるうえ、土日は無料で見られるところが多いので、とても嬉しいです。日本では、旅行したときにその土地にある美術館へよく行っています。有田にも素敵な美術館がありそうだな、と思っているのですが、焼き物の美術館とかありますか?有田はいつか訪れてみたい場所のひとつです。
2012-03-10 土 03:29:21 | URL | まき [編集]
nancyonishi 様
先日は有田にお出かけいただきありがとうございました。

いろいろなところで宏之の歌を取り上げていただき、本当に
ありがたいと思っています。

孝徳の詩には意表を突かれましたが、言葉で遊ぶのも
たのしいですね。

ありがとうございました。
2012-03-10 土 09:21:48 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
沙羅樹 様
ご無沙汰いたしております。
私たちも宏之の歌にあたたまっています。

孝徳の詩は本人がなかなかOKを出してくれませんので
紹介していませんが、今回は珍しく二つ返事でした。

またお立ち寄りください。ありがとうございました。
2012-03-10 土 09:31:43 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
まき 様
お元気そうですね。

孝徳は短歌や詩を書いたり、曲作りもしています。
ピアノ、ギターなど楽器もいろいろとこなしますが、
あまり外に出たがりません。
そのへんが宏之との違いですが、繊細な感性は
共通したところがあるように思われます。

有田にも美術館は公的なものと私的なものがたくさん
ありますよ。
「ミュージアムズ連絡協議会」には10数ヶ所の美術館が
入っています。陶磁器関係のコレクションが中心です。
「有田の美術館めぐり」も楽しいですよ。

いつか是非有田にお越しください。
ありがとうございました。
2012-03-10 土 09:52:18 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する