■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

3月6日の佐賀新聞
   山田神社椿1
   
   午後きみはひかりのかごを編んでをり 居眠りをするわれの傍ら   筒井宏之

    ~ 佐賀新聞読者文芸 2007年3月15日付掲載作品より ~




3月に入り雨の日が続いています。

やわらかな春の訪れを感じる今日この頃です。


MR松浦鉄道1

有田と伊万里間を走るMR(松浦鉄道)。
一両編成のかわいい電車が走っています。



夭折の歌人 ― 筒井宏之の世界 ― ⑥

佐賀新聞(2012-03-06)①
(↑↓ここをクリックすれば文字が大きくなります)
佐賀新聞(2012-03-06)②


塘健さんの読み解きと読者文芸短歌選者のお一人江副壬曳子さんが
コメントを寄せて下さいました。

ありがとうございました。



【今日のおひなさま】

西王母
  (『西王母』)

源氏びな 華兆開和夢
  (『源氏びな 華兆開和夢』)


「有田雛のやきものまつり」の「陶ひなコンテスト in 有田」も
連日、たくさんの人にご来場いただいています。

私もできるだけ会場(有田商工会議所 2Fホール)にアテンドする
ようにしています。
土・日だけではなく、お客様からご要望があれば「碗琴」も演奏
しています。

残照 | 22:12:34 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんばんは。
宏之さんの特集を載せてくださり、ありがとうございました。
私も「午後きみはひかりのかごを編んでをり 居眠りをするわれらの傍ら」が、なんとなく好きでした。

松浦鉄道、ほんとにかわいらしいですね。(乗ったことはあるのですが、車両は覚えていませんでした。)

「ミセス」の短歌も拝読しましたが、花を詠まれた短歌も多かったのだなと改めて思いました。

暖かくなったり寒くなったりしていますが、どうぞ体調にお気をつけてお過ごしください。
2012-03-08 木 22:48:04 | URL | ブルー [編集]
ブルー 様
おはようございます。
だいぶ暖かくなってまいりました。

私も佐賀新聞で新しい歌に出会い、好きな歌を紹介しています。
また、有田についても新しい発見があります。

今日も「陶ひな展」会場で碗琴演奏、今から出かけます。

この時期は「花粉症」としばらく付き合うことになります。
先週からぼちぼち始まりました。

お互い体調には気を付けましょう。
ありがとうございました。
2012-03-10 土 10:04:54 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する