■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
取材その2.唐船城
  有田川(2012-02-23)

        あこがれがあまりに遠くある夜は風の浅瀬につばさをたたむ

          ~ 笹井宏之 『てんとろり』 仮面売り より ~





水ぬるむ3月になりました。

菜種梅雨の合間、昨日(3日)は久しぶりに穏やかな春の日差しが降り注ぎました。


フリーペーパーの取材で有田町大木にある「唐船城」に行ってきました。

唐船城1

日本磁器発祥400年を4年後(2016年)に迎える有田ですが、さらに遡ること400年。
唐船城は建保6年(1218年)源栄によって築かれたと云われています。
源栄は松浦党の祖といわれる源久の三男栄で、現在の松浦党の一翼を担った有田氏の祖です。
「有田」の地名はここに由来します。

唐船城址

現在は山田神社となっており、山の中腹にある八坂神社が主郭跡だと言われています。

山田神社1

山田神社絵馬


急な石段を登ると緑の苔蒸す木々に覆われた神秘的な空間に包まれます。

唐船城3

唐船城4

境内には藤棚がありました。

山田神社藤棚

実は有田に60年住んでいながら初めて訪れました。
八重桜の時期にもう一度訪れようとおもいます。

境内の大きな寒椿があざやかでした。

山田神社椿2



昨日3日は第1回「陶ひなコンテスト in 有田」の表彰式を行いました。
たくさんの人にお集まりいただきました。

愛敬びな
 最優秀賞『愛敬びな』(伊万里市の古賀純次さんの作品)

色絵春花紋雛
  第3位『色絵春花紋雛』(武雄市の蒲地和博さんの作品)
スポンサーサイト


残照 | 04:51:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。