■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

続・感謝
  佐賀新聞(2012-01-24)特集号

          きょうがその日です

        生きてゆく 返しきれないたくさんの恩を鞄につめて きちんと

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 かたととん より ~





twitterのハッシュタグ #sasai0124 に昨日(25日)も宏之の歌を
ありがとうございました。

私も上記の歌を紹介させていただきました。


1月24日の佐賀新聞で特集していただいた記事を紹介させていただきましたが、
文字がよく読めませんでしたので、改めて掲載します。

↓ 2回クリックしていただければ文字が大きくなります。

3佐賀新聞(2012-01-24)

4佐賀新聞(2012-01-24)

2佐賀新聞(2012-01-24)

1佐賀新聞(2012-01-24)



知人・友人の方のブログでも1月24日のことをご紹介いただいていました。


尾形英隆君の『葉隠の里 みつばち通信』 1月24日  25日

風竿さんの『人生の達人』烈伝  1月24日

伊津野重美さんの『dawn chorus』  1月24日

ムムリクさんの『ART日記』 1月24日


本当にありがとうございました。

残照 | 01:37:42 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんばんは
度々、失礼します。
佐賀新聞読者文芸欄で一席になられた32首、拝読させて頂きました。

私は、なんとなく、「サバクでもラクダでもないサラダにはサハラの
太陽みたいなトマト」や「えーえんとくちから」にも載っていた「冬ばってん、
『浜辺の唄』ば吹くけんね ばあちゃんいつもうたひよつたろ」の歌が好きです。
おばあ様のためにフルート(ですかね?)を吹いていらっしゃる
お優しい宏之さんのお姿が目に浮かぶようです。

それから、「感謝」の記事のコメントで、きりんさんが掲げていらっしゃった
「雪であることをわすれているようなゆきだるまからもらうてぶくろ」も、
ほんとにいいお歌ですね。
この歌もふんわりと優しい情景が浮かぶようです。

巷では、インフルエンザが流行っているようですが、皆様もどうぞ
お身体にお気をつけてお過ごしください。     
2012-01-29 日 22:22:57 | URL | ブルー [編集]
ブルー 様
佐賀新聞の歌を読んでいただきありがとうございました。

佐賀新聞の短歌は、意識して家族のことや周りの景色など身近な
出来事なども題材として投稿していたようです。

やさしい歌が多いですね。

佐賀の方も例年より少し遅れて、インフルエンザが流行り始めた
ようです。私も先週、予防接種を受けてきました。

時節柄、ご自愛くださいますように。

いつもやさしいコメントを頂戴し、ありがとうございます。
2012-01-30 月 03:11:12 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する