■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

恒例の・・・
  もち飾り1

    このケーキ、ベルリンの壁入ってる?(うんスポンジにすこし)にし?(うん)

          ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 晴れの日の仙人 より ~  




毎年、元旦には要所要所に餅を飾ります。

以前は年末に餅つきをしていましたが、今はパックになりました。

煙突、井戸、池の周りなど、外にも数ヶ所飾りますが・・・・・・。


みーたん1

「おっ!」


みーたん2

「おとーさん、ちょっとー」


みーたん4

「カラスが・・・」


カラス


みーたん3

「ワン!、じゃなくて、ニャン!」


そうです、元旦に飾った餅は家から離れた場所から順に
カラスのお年玉になります。
まず、煙突に置いた餅は1時間もしないうちにプラスティックの
容器だけを残してきれいに中身だけが持ち運ばれます。
最後まで残っていた池の端の餅も昨日のうちに無くなっていました。

容器だけを残して・・・。

もち飾り3


カラスとのやりとりも正月の恒例の行事です。


今日は七草粥を食べました。


いつものように、ささやかな年初めの行事で
2012年がおだやかに始まりました。

残照 | 22:31:32 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
今年、穏やかに七日正月も過ぎました。
このまま一年が同じように過ぎてくれる事を祈りたいですね。
日本がすべてそうなってくれる事を念じ願います。

筒井さん、和子さん 今年もよろしくお願いします。

カラスの知恵?獰猛さ、観察力には感心します。
ネコちゃんのお目目の表情が面白いです。

宏之さんの詩が人々の心に響き心豊に共感してくれている
お話は嬉しい事です。
そのお話を伺うことも嬉しいことです。

でも筒井さん、還暦も過ぎ無理も余り効かない年齢に入りつつあります。
頑張り過ぎないように、御自愛下さい。


2012-01-08 日 09:00:00 | URL | つるさわ [編集]
つるさわ 様
穏やかな年の初めでしたね。
おかげさまで、我家も恙なく正月が過ぎました。

仰る通り、還暦も過ぎましたので今年はゆっくり
自分の歩幅で歩もうと思ってはおりますが・・・。

今年もよろしくお付き合いください。
2012-01-08 日 19:07:35 | URL | 筒井孝司・和子(笹井の父・母) [編集]
明けましておめでとうございます。
ずいぶんと遅いご挨拶になり申し訳ありません。
昨年は、大変な年でしたが、今年は、少しでも穏やかな年であるように、願ってやみません。

外回りにもお餅をお供えするのですね。カラスに持って行かれるとはいえ、素晴らしい共存だなぁと思います。カラスは、お餅を喉に詰まらさないように食べてるのかしら?(笑)

我が家では、鏡餅とは別に、星餅といって、子餅の上に小さく丸めた餅を乗せたものを、台所や洗面所、トイレなどの水回りに置きます。たぶん、京都の古い風習だと思います。結婚した時に、お義母さんから教わりました。
2012-01-12 木 13:06:20 | URL | ありす [編集]
ありす 様
年始のご挨拶ありがとうございました。
本年もよろしくお付き合いください。

我家はもともと窯元でしたので、窯場には必ずお供えをしていました。
今は窯を取り壊していますので煙突の所に飾っています。
また、井戸は3ヶ所ありましたが、今は蓋をして使っていません。

特に火と水のある場所はとても大切な所として感謝の気持ちをお供え
していたのでしょう。
何となく形だけですが、代々行われていた風習ですので引き継いで
います。
2012-01-13 金 00:25:23 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する