■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

今年の・・・
  いざ中国へ(2011-10-25福岡上空)

         喩えではなくてちぎれてゆくひとの、さようなら一枚の青空

        ~ 笹井宏之 『てんとろり』 国境のどうぶつたち より ~
 



年末余日少なき折から、新聞などでは「今年の重大ニュース」が
取り上げられています。

ということで、我家の今年の重大ニュース。

1月22日 笹井宏之作品集出版記念・三回忌追悼朗読会

2月7日の新聞・追悼朗読会

3月2日の日経新聞文化欄に碗琴紹介


3.11 私たちにとって生涯忘れられない、忘れてはいけない一日


4月18日 「日本のかなしい歌100選」の最後100首目に宏之の歌

6月28日 書評紹介

8月6日  8月7日  大阪にて碗琴

11月2日 『生命の回廊』VOL.3 刊行

11月12日 加藤治郎講演会 彗星のように現代短歌を駆け抜けた笹井宏之の世界 

12月3日 NHKFMシアター『些細なうた』 全国放送 

12月4日 宏之の歌が中学2年生向けの国語教材に

それから、10月25日から27日まで中国瀋陽市へ碗琴演奏に行ってきたことも、
重大ニュースの一つでしょうか。

佐賀県瀋陽代表事務所開設式レセプション(2011-10-25)瀋陽シェラトンホテル

中国瀋陽シェラトンホテル2(2011‐10‐25)
中国瀋陽シェラトンホテル1(2011-10-25)
(写真:中国瀋陽シェラトンホテルレセプション会場  2011-10-25)

瀋陽伊勢丹碗琴演奏3(2011-10-26) 瀋陽伊勢丹碗琴演奏1(2011-10-26)
(写真:中国瀋陽伊勢丹百貨店 佐賀県フェア特設会場 2011-10-26)

25日の佐賀県代表事務所開設式レセプションには300名を超える方が出席。
26日は瀋陽伊勢丹で午前・午後3回演奏。

瀋陽市(旧 奉天)は遼寧省、旧満州地区にある人口780万人の都市。
中国の曲で「草原情歌」などを演奏しましたが、谷村新司の「昴」が
一番喜ばれました。

瀋陽伊勢丹では、子供たちにも碗琴の演奏をしてもらいました。
中国でも、「澄んだきれいな音色に癒されました」「やさしい音色ですね」
と、日本と同じ反応でした。

音楽は万国共通の言語であることを再確認しました。



いろいろな方から、たくさんの「やさしさ」を頂戴した2011年も余すところ10日。

皆さまに心から感謝を申し上げます。

  
メリークリスマス!

残照 | 23:47:49 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
宏之さんのお歌が皆さんの傍らに生き続けていくことを信じています。
お父様、お母様のお幸せをお祈りします。

いまだに余震がありますが、大地が早く鎮まり、大好きなふるさとに戻ってくれることを願っています。

ご自愛くださいますように。

メリークリスマス。
2011-12-24 土 23:32:29 | URL | 麦 [編集]
麦 様
いつもありがとうございます。

有田にいて穏やかな日々に感謝しつつ、厳しい冬に立ち向かわれている
被災された皆さまの平穏を願わずにはいられません。

ふるさとに戻られる日が一日でも早く来ることを願いつつ、

メリークリスマス。
2011-12-25 日 08:01:40 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する