■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

実りの秋
  柿1(2011-11-07)

        果樹園に風をむすんでいるひとと風をほどいているひとの声

           ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 ステーキナイフ より ~




今年は有田のあちらこちらで、柿がたわわに実っています。


昨日は福岡の大学生が12名、ゼミで有田を訪れたので
しん窯さんへご案内しました。

柿2(2011‐11‐07)

しん窯(2011-11-07)
(写真:しん窯 2011-11-07)


有田で柿といえば、やはり柿右衛門窯でしょう。
2日に中国からのお客様を工房にご案内しました。

柿右衛門窯 柿の木(2011-11-02)
(柿右衛門窯 庭園 2011-11-02)


工房内のあちこちで秋の味覚がお出迎え。

柿右衛門窯ショールーム(2011-11-02)

柿右衛門窯 柿の鉢植え(2011-11-02)


今月19日から23日まで、第7回「秋の有田陶磁器まつり」を開催します。

普段は柿右衛門窯の工房内は入れませんが、初日(19日)の午前10時から
午後3時まで、薪窯(本窯)の窯場を特別公開していただけることになりました。
滅多にない機会ですので、お見逃しなく!

柿右衛門窯工房内1(2011-11-02)
(写真:柿右衛門窯 窯場風景 2011‐11‐02)



第49回佐賀県文学賞が発表されました。
次男孝徳は詩の部門で二席に入賞していました。タイトルは「アシンメトリー」。
私はまだ読んでいませんが、今月19日の授賞式までには読ませてもらえそうです。


11月4日の佐賀新聞読者文芸では詩で一席でした。
この数年、佐賀新聞には短歌は投稿していませんが、県文学賞には毎年、詩と短歌を
応募していて、短歌も佳作で一首選ばれていたと本人が申しておりました。

コツコツとした積み重ねが小さな実を結びつつあるのかな・・・・・・

ともあれ、「6年連続県文学賞入賞、おめでとう!」


本人はあまり気が進まないようですが、やっと佐賀新聞の11月一席の詩をスキャンして
私に送ってくれましたので、紹介させていただきます。

孝徳の詩(佐賀新聞読者文芸 2011-11-04 一席)
  (↑クリックすれば大きくなります)


今日は立冬でした。
スポンサーサイト


残照 | 23:59:53 | Trackback(1) | Comments(9)
コメント
おおー
おはようございますそして
おめでとうございます☆弟さんも書いているですかーそれはうれしく報告です☆携帯で開いてみましたが画像小さくて見れませんでした見たいです本になったらぜひ教えてくださいな♪
ではまた

短歌わからないので僕の短いポエムを



〇真心〇


対局の最後の
一手を
夜空に砕いて
散りばめて
お互いに
笑顔で飾る
なみだのひかり


2011-11-10 木 06:46:21 | URL | シオン [編集]
シオン 様
あたたかいコメントとポエム
ありがとうございました。

2011-11-10 木 22:26:42 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
ありがとうございますつまらないものですが(笑)
弟さんは
現在おいくつなんですか気になったんで 弟さんにお伝えくださいな
影から応援してます☆
2011-11-11 金 05:14:03 | URL | シオン [編集]
シオン 様
次男は27歳です。宏之の齢を越えました。

音楽、詩、短歌など自分のペースでやっています。
まだ「自分探し中」(らしい)です。

ありがとうございました。
2011-11-11 金 05:54:33 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
ありがとうございます
そうですか
ありがとうございます☆
マイペースが
一番だと思います
自分らしさは
大切ですもんね
ではまた

2011-11-11 金 14:32:03 | URL | シオン [編集]
ありがとうございました
  本日は、お忙しいなかに碗琴演奏をしていただき有り難うございました。
伝作窯さんの展示場で、素敵な焼き物の中での演奏また格別でした。
宏之さんの歌の「浜辺の唄」のオカリナにも、宏之さんの歌を思い出して、聴き惚れてしまいました。みなさんも大変喜ばれました。御心のこもった演奏ありがとうございました。天気にも恵まれ着物を濡らすことなく、秋の有田を満喫することが出来ました。益々有田が好きになりました。
とり急ぎお礼まで

2011-11-11 金 20:12:24 | URL | 今泉洋子 [編集]
今泉 洋子 様
こちらこそ有田にお出かけいただきありがとうございました。
また結構なものを頂戴し、和子さん、孝徳からもお礼を
申し上げてほしいとのことです。

和子さんも日頃お電話でしかお話していないので、明日、
福岡でお会いできるかもしれないと、とても楽しみにして
いたようです。その折に『生命の回廊』をお渡しするように
考えていたようですが、またお会いできる日もございます
でしょうから、その日を楽しみにしております、と言って
おりました。

今日もまた佐賀新聞の短歌が一席でしたね。
本当におめでとうございます。
2011-11-11 金 21:32:53 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
いつも ありがとうございます。
ときどき のぞいては和まして頂いてます。

文章もいいですが、写真にも大変癒されます。
私は日本画が好きなのですが
写真も本当に美しいですね。
ありがとうございます。

弟さんの詩を二つ、読ませて頂きました。
お二人とも研ぎ澄まされた感性をお持ちなのですね。
私は宏之さんの作品を読むと、手品のようだと感じます。
ああ、
そんなところにそんなにも美しいものが
隠されていたんですね、
というような感動があります。
弟さんも手品の才能があるんですね。
手の中から、真実という見えなかったものが、
表現されているように感じました。
真実を見つめることはつらいことですが、
一番知りたいことですね。
これから、お兄さんのように世界を
広げていかれるのだと思いますが、
私の感性では理解が及ばないほど
深い世界を創っていかれるのでしょう。
同じレベルの優秀な方が
しっかりと評価して下さると思います。

お父さんのお子さんは本当に
頭のいい方がたですね。

また、素敵なお写真を楽しみにしています。












2011-12-02 金 12:19:07 | URL | きりんさん [編集]
きりんさん
こちらこそ、いつもご丁寧なコメントありがとうございます。

次男も詩を読んでいただいたお礼を申し上げてくれと言っております。

本当にありがとうございました
2011-12-02 金 23:22:55 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます2011-11-18 Fri 22:39:28 |

FC2Ad