■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
紹介
  コスモス6(2011‐10‐17)

      ひろげたら羽根がいちまい落ちてきてそれから軽くなったつまさき

            ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 こころをゆるす より ~





ムムリクさんが「ART日記」(10月17日と19日)で、
私たち夫婦の高校の友人であり、宏之が敬愛した尾形英隆君のことを、
そして彼の『天上の蜂蜜』(ムムリクさん命名)のことを紹介して下さい
ました。

尾形君の親友であり、私の友人でもある高校の同級生、原芳孝君が
アルゼンチンで養蜂業を営んでいて、その輸入元「ラ・パンパ商会」
の蜂蜜を紹介して下さいました。

宏之や私のことも紹介していただき、感謝感謝です。

私たちも尾形君のところから蜂蜜を届けてもらっています。
宏之も大好きで、「蜂蜜」を題材にいくつか歌を詠んでいます。

生前、宏之もよく尾形君の家を訪ねていました。
宏之の話にいつも真摯に対峙してくれるところに
惹かれていたのだと思います。


宏之が書いた2008.8.27のブログ「雲と塔」


尾形君は3.11の東北大震災後、近くの畑を借りて
同級生と一緒に野菜作りを始め、今も被災地に野菜を
送り続けています。
「葉隠の里 みつばち通信」


「想いを形に」

彼の生き方は私の道標です。



蜂蜜のうごきの鈍ささへ冬のよろこびとして眺めてをりぬ    筒井宏之 


2009年2月5日、「佐賀新聞 読者文芸」に最後に投稿し掲載された作品です。
 
旅立った1月24日から数えて12日目に掲載されました。

宏之がその新聞を読むことはありませんでした・・・・・・



ムムリクさん、ご紹介いただきありがとうございました。    
スポンサーサイト


残照 | 02:11:44 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
感謝
筒井様

すばらしい歌と人、ハチミツ!ありがとうございました。
私は、坂口安吾の『はずかしいけど 命がけ』というのが好きです。
(特に『はずかしいけれど』というところが…v-25

まったく、そう言う味がしました。音楽がきこえました。 
ありがとうございます。
2011-10-21 金 19:38:07 | URL | ムムリク [編集]
感謝、感謝
ムムリクさん

宏之にもコメントいただきありがとうございました。

尾形君から今日も電話があり、今年の蜂蜜はとりわけ
いい蜂蜜だそうです。
ムムリクファンの一人として、その蜂蜜がムムリクさんの
お口に届いたことにも感謝!です。


2011-10-22 土 00:05:23 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。