■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

明日からお盆
   夕景(2011-07-12)

          ともだちを一匹抱いて夕焼けに消えてしまいそうな私のうで

              ~ 笹井宏之 『てんとろり』 水性ファイル より ~




梅雨が明けました。

連日、暑い日差しが照りつけています。

でも、夕方からはスコールのような雷雨も。



明日から有田はお盆に入ります。


生花(2011-07-12)

中学の同級生に宏之の歌集とDVDを送ったら
お花を届けていただきました。

御手洗さん、ありがとうございました。


【ブログ紹介】

高野山でお米のアートイベントをされた安部さんのブログ(7月12日)より

追記

今回お米展の会場でひっそりと 宏之さんの短歌と空海の短歌をお米文字で
書いて、対に並べて展示してました。

「えーえんとくちから えーえんとくちから 永遠解く力を下さい」

「虚空つき 衆生つき 涅槃つきなば 我が願いもつきん」

短歌のことは勉強不足でよく分かりませんが、なぜか、耳で聞いたときに、
感覚的に同じようなことを言ってるような、宏之さんの短歌に空海が答えて
詠んでいるような、なんとなくですけどそんな気がしたのです。



安部さん、ありがとうございました。



夕刻、東南の山の端に月がかたぶいていました。


   月2(2011-07-12)

       つきあかりを鞄にいれてしまいます こんなにもこんなにもひとりで

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 さようなら より ~




先刻、雷雨もおさまり再び南の空には月の影が・・・・・・

   夜半の月(2011-07-12)

       今夜から月がふたつになるような気がしませんか 気がしませんか

         ~ 笹井宏之 『てんとろり』 国境のどうぶつたち より ~


残照 | 23:29:53 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
ありがとうございます!
筒井せんせい
高野山での展示のこと、載せていただいてありがとうございます。
宏之さんのはじめたブログに載せて頂けて
なんだか感慨深いです。
はじめて宏之さんの短歌を読んだ時ふくらんだイメージが、
いつかこれだというカタチになったら、それも展示してみたいなー。

2011-07-27 水 08:29:08 | URL | 安部寿紗 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する