■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

風鈴
   有田館風鈴1(2011-06-18)

        どちらからともなく音になりすまし夜の海へと響いていった

                ~ 笹井宏之 『てんとろり』 しずく より ~




今日も、そぼ降る雨の一日でした。

昨日(18日)から伊万里市大川内山の「風鈴まつり」が始まりました。
オープニングの碗琴演奏時は、雨は降り止んでくれました。

風鈴まつり2
(写真:伊万里市大川内山「風鈴まつり」会場)

東日本大震災から丁度100日目でした。
私たちの思いを磁器の音にのせて、被災地の皆さんに届くよう、心を込めて
「南部牛追唄」を演奏しました。


有田駅前の「有田一番館」でも「風鈴まつり」が始まりましたので、
大川内山の帰りにちょっと立ち寄ってきました。(会場:上の写真)

♪ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ♪

たくさんの風鈴の中から、7個の風鈴を選んで音階順に並べられていました。
勝手に、その風鈴で「七夕」の曲を奏でてきました。

一番館風鈴(音階)(2011-06-18)
(写真:「有田一番館」の音階風鈴)


よく考えたら、「碗琴」の原点は「風鈴」の涼やかな音色でした。



【ブログ紹介】

今泉洋子さんがご自分のブログ(6月18日)で、
「コスモス7月号の『気になるホン、ほん・本』に笹井宏之さんの『てんとろり』を
小島なおさんが紹介されている」とご紹介下さっていました。

いつもありがとうございます。
スポンサーサイト


残照 | 23:50:10 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
風の音
「碗琴」の原点は「風鈴」だったのですね。
 
      歌の世界ですね。

 ちょっと感動しています。
2011-06-21 火 07:52:04 | URL | ムムリク [編集]
一首鑑賞
 碗琴や風鈴の写真をみただけで、音が聴こえてきそうです。

☆さよならのこだまが消えてしまうころあなたのなかを落ちる海鳥

今日のクオリア、澤村斉美さんの丁寧な観賞に
http://www.sunagoya.com/tanka/
言葉の力というものをを改めて感じました。
2011-06-21 火 12:35:16 | URL | 今泉洋子 [編集]
ムムリク 様
ご無沙汰です。お元気そうで何よりです。

有田も伊万里も風鈴の音が涼しげに鳴り響いています。

有田の方もこの2・3日、急に暑くなってまいりました。

これから夏本番、ご自愛くださいますように。
2011-06-22 水 13:02:44 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
今泉 洋子 様
澤村斉美さんの一首鑑賞、ご紹介いただきありがとうございました。
昨日、『短歌研究』7月号が届き、「作品季評」で宏之の『てんとろり』
が数ページにわたり取り上げられていました。

皆さまに取り上げていただき、ご紹介いただいておりますことに深く感謝しております。

このところ急に暑くなり、蒸し暑い日が続いておりますね。
お体にお気を付けくださいますように。

いつもありがとうございます。

2011-06-22 水 13:16:25 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad