■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

RKBラジオ出演
   RKBマスコットキャラクター「モモピッ!」

      こくこくと小さなのどを鳴らしてはお茶を飲む子のうすももの頬

           ~ 笹井宏之 『てんとろり』 冬のよろこび より ~

           「佐賀新聞」 2008.11.27 掲載作品 (筒井宏之として)




2008年11月27日の佐賀新聞「読者文芸」に掲載された歌です。
亡くなる2ヶ月前に詠んでいました。

この頃体調がいい時は、佐賀市内にあるフリースペースに通っていました。
「居場所」の子供たちと一緒に時を過ごしながら、子供たちが作った詩に
曲を付けてあげたりしていました。

キーボードやギターを携えて通っていて、一緒に音楽などを楽しんでいた
ようです。

また、子供たちと一緒に短歌も作っていたようです。壁に貼られた短冊の
中に、この一首がありました。


「こくこくと小さなのどを鳴らしてはお茶を飲む子のうすももの頬」


短冊に書かれた文字はお世辞にも上手な字とは言えませんでしたが、
宏之らしい、やさしく丁寧な一文字、一文字でした。


穏やかなまなざしの宏之がそこに佇んでいます。

とても好きな歌です。



上の写真は、RKB毎日放送のマスコットキャラクター「ももピッ!」
おそらく、社屋のある福岡市の百道(ももち)浜から採られた名称でしょう。
すぐ近くにはソフトバンクホークスの本拠地「ヤフードーム」があります。
この辺りは「シーサイドももち地区」と呼ばれています。


今日、午後7時15分過ぎから、RKBラジオ『こだわりハーフタイム』という
番組に出演してきました。
「日曜日のプロフェッショナル:いろいろな分野のプロにその技や極意をきく」
というコーナーに「碗琴」での出演依頼があり、夕方から福岡に出かけ碗琴演奏を
交えながら、20分位おしゃべりしてきました。

テレビは何度か生出演しましたが、ラジオ番組のスタジオ出演は初めてでしたので
興味津々で局に入りました。
スタジオは狭く、碗琴は通常テーブル2台(360cm幅)を用意して貰うのですが
パーソナリティと向かい合わせで、半分の180cmのテーブル。全部は並びません
ので、急遽お茶碗の数を2/3に減らして演奏。

パーソナリティ2人との打ち合わせなし、演奏曲目の打ち合わせもなしで突然スタート
して、予定では7~8分と聞いてましたが、結構話も弾み、演奏の方も「ハナミズキ」と
「エリーゼのために」の2曲演奏させていただき、結局20分近く出演していました。

有田と陶器市のPRには貢献できたかなと思いながら、帰途につきました。

RKB毎日放送Aスタジオ(2011.04.24)

根がミーハーなもので、コマーシャルと曲の合間に記念写真をお願いしたところ、
パーソナリティのお2人は快くOKして下さいました。

スポンサーサイト


残照 | 23:55:02 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-04-25 月 13:43:04 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad