■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

有明抄~福島県「矢祭もったいない図書館」~
        泉山大公孫樹

  この森で軍手を売って暮らしたい まちがえて図書館を建てたい

   ~ 笹井宏之 『ひとさらい』 数えてゆけば会えます より ~



(写真:樹齢千年の泉山大公孫樹)



今日の佐賀新聞『有明抄』に読書の町として知られる福島県・矢祭町の
「矢祭もったいない図書館」のことが紹介されていました。


◆「金澤館長から“本を片付けやっと20日に開館することができました”
 という電話をいただきました。図書館の行動に感激しています」

◆「被災者の心のケア、精神的な環境づくりも応援しなければなりません。
 特に子どもたちの・・・。絵本の読み聞かせは救援物資と同じく生きる
 力を与える手段だと思います」

◆開館した図書館には家に閉じこもっていた町の人たちの笑顔が。図書館は
 キャラバン隊を組んで避難所を回り、途方に暮れている人たちも癒している。

◆「本を寄贈してくれた人も被災されているかもしれない。今度は図書館が
 恩返しをしたい」という金澤館長の言葉にも目頭が熱くなる。復興支援の
 形はいろいろである。  (賢)



     ごんちゃん@居間(2011.03.05)
     (写真:ごんちゃん 2011.03.05)


このブログでいつも私たちにあたたかいエールを送っていただいている仙台
の瑠璃さんからの今日の書き込み。
今、ご実家の青森県弘前市にいらっしゃるそうです。

「実家に行くなら、着替え等はどうにかなるから、自分を元気づけてくれる
ものや、大切なものを持っていこう、と思い
『えーえんとくちから』を持ってきてしまいました(笑)」

とてもうれしいコメントでした。

宏之はいつでも、どこへでも、どなたのところにも一緒に行けるのですね。
みなさまのお役に立っていることがとてもありがたいです。

先日のコメントには、「美しい音楽には、人を癒やす力があると思います。
きっと、亡くなった方々の魂まで届きます…… 」と。



本や音楽、絵画などは被災者の方々の心を応援してくれます。
そして、永遠です。永久・普遍的な支援をしてくれます。

私たちの物質的、金銭的な支援、今持っている思いの多くは、残念ながら
永続しません。被災された方々へは、物心両面の長期的な支援が必要です。
みなさまが負われた心の痛手は、一生をかけても完全に癒されることはない
でしょう。特に子供たちのこれからを思うと心が痛みます。

すばらしい本、音楽・芸術の持つ力の大きさを再認識。
と同時に、長期に亘る支援が必要であることを忘れず、自分のできることを、
できるだけ長く続けようと決めました。


一昨日は佐賀新聞本社を訪れ、義援金を届けてきました。
「佐賀善意銀行」の受付には、たくさんの方が並ばれていました。


来週の日曜日は「チャリティコンサート」。オカリナを持っていくことにして
いますが、今日友人から電話があり、「サックスも持ってきてね」


まずできることからすぐ始め、そして、できることをできるだけ長く!


本当に支援の形はいろいろあります。
そして支援を通して、自分もまた支えられていることに気付きます。感謝。


佐賀新聞『有明抄』の全文は続きを読むに掲載↓


佐賀新聞『有明抄』(3月26日)より

◆読書の町として知られる福島県・矢祭町。今なお深刻な状況にある福島第1原発から約85キロ、茨城県との県境にある人口7千人に満たない小さな町。
◆震災被害が他の町ほどではなかったため50人ほどの避難住民を受け入れている。その矢祭町に「矢祭もったいない図書館」(金澤昭館長)がある。「図書館がほしい」という町民の願いに全国から送られた約45万冊の本で2007年、古い武道館を改修して開館した図書館だ。名前の由来がそれで分かる。
◆伊万里市なども参加する全国家読(うちどく)推進プロジェクトの代表佐川二亮(つぐすけ)さんのふるさとは矢祭町。その佐川さんからメールが届いた。「金澤館長から“本を片付けやっと20日に開館することができました。避難家族の子どもたちに絵本の読み聞かせも始めました”という電話がありました。図書館の行動に感激してます」
◆家庭読書の大切さを全国に向けて発信している佐川さん。「被災地に必要なのはまずは水や食料、燃料などの物資ですが、被災者の心のケア、精神的な環境づくりも応援しなければなりません。特に子どもたちの…。絵本の読み聞かせは救援物資と同じく生きる力を与える手段だと思います」
◆開館した図書館には家に閉じこもっていた町の人たちの笑顔が。図書館はキャラバン隊を組んで避難所を回り、途方に暮れている人たちも癒やしている。佐川さんは「こんな時こそ図書館の出番。絵本の読み聞かせにじっと耳を傾けている子どもたちの姿が目に浮かびます。こちらまでうれしくなります」。
◆メールにあった「本を寄贈してくれた人も被災されているかもしれない。今度は図書館が恩返しをしたい」という金澤館長の言葉にも目頭が熱くなる。復興支援の形はいろいろである。(賢)
スポンサーサイト
残照 | 23:59:27 | Trackback(1) | Comments(3)
コメント
こんにちは
弘前市は うそのように平和(?)ですが
コンビニには食品が無く、イトーヨーカドーも 照明を半分にして薄暗く営業
それでもお店が開いているというだけで有り難いと思いました。
仙台のコンビニなんか、強盗防止のため、店内が見えないように、
内側から新聞紙やビニールシートを貼った上で休業中です

笹井さんの歌は、その人によって、その時によって、
いろんなふうに解釈できるところが好きなポイントのひとつです

テレビで惨状を見ながら「永遠解く力を下さい……」と思ってしまいました

がれきの中から家族のアルバムを探すひとの映像を見て
「拾ったら手紙のようで開いたらあなたのようで……」
と 思うし

年配の方で「夫が津波で流されて……」という方には
「晩年のあなたに窓をとりつけて……」を伝えたいと思いました

自分には「枯れないおまじないを今日も」ですね。
2011-03-29 火 10:23:04 | URL | 瑠璃@弘前市 [編集]
瑠璃 様
こんばんは。
年度末でじたばたしていました。

ようやく我家の桜が、例年より半月以上遅れて
少しほころび始めました。

入学式の頃に満開になりそうです。


「泣いてゐるものは青かり この星もきつとおほきな涙であらう」


2011-04-01 金 03:12:45 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
続けられること。
昨年のブログを拝見していて、被災地のことを考えるようになりました。
ネットの生活をすると、TVを見なくなり、久し振りに長時間つけていると被災地の情報がどんどん入ってきますね。
震災はTVを見直すきっかけになりました。
瑠璃さんは、お元気でしょうか?

とりあえず、小さな続けられる事として、宮城県産のお米を近頃たまたま購入することになり、このことを続けようと思っているのですが・・
(すごく、おいしいです。「ひとめぼれ」)
2012-02-26 日 19:25:51 | URL | きりんさん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます2011-04-07 Thu 20:33:50 |

FC2Ad