■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

煉瓦館 チャリティコンサート
   ハクモクレン開花1(出水 2011.03.12)   ハクモクレン開花2(出水 2011.03.12)

      花売りの少女が歌いだすまではここは公園ではありません

            ~ 笹井宏之 『てんとろり』 てんとろりより ~
  



2月27日の『些細』で紹介した鹿児島県出水市の姉の自宅のハクモクレン。
「いつもの年ならもう花が咲いている頃なのに」
と、義兄が言っていましたが、先週3月12日に、
開花した写真をメールで送ってくれました。(上の写真)

ハクモクレン(2011.02.26撮影:出水にて)
(写真:出水のハクモクレン 2011.02.26撮影)



今年は、我家の桜もまだつぼみが固いままです。

桜1(2011.03.21)

桜2(2011.03.21)
(写真:つぼみの桜 2011.03.21)


昨年の今頃は、3・4分咲きでした。( 2010.03.21 『些細』


今年の桜は、もう少し東北の被災地があたたかくなるのを待ってくれているのかも・・・




煉瓦館(2010.07.31) (写真:大町煉瓦館 2010.07.31撮影)

4月3日(日)の午前10時から午後2時頃まで、友人が館長をしている大町町の
煉瓦館で「チャリティコンサート」 が開催されます。


丁度、桜が満開の頃です。




宏之もフルートを携え、何度かここを訪れました。

煉瓦館フルート演奏(2007年3月) (写真:煉瓦館 2007年3月撮影)

この時に煉瓦館で詠んだ歌があります。


しづかなる炭坑街の片隅に転がつてゐるサツカーボール

 ~ 筒井宏之 掲載日2007年4月5日 佐賀新聞読者文芸投稿作品より ~



一緒にミニコンサートも開催しました。

煉瓦館コンサート(2007.12.15)
(写真:煉瓦館 2007.12.15撮影)



【ブログ紹介】

「旅の続き」 3月20日 笹井宏之『えーえんとくちから』


ありがとうございました。


残照 | 23:35:08 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
おはようございます
全国でいろんなイベントが自粛・中止になっているようですが
こちら宮城県の地方紙での、チャリティーライブの記事で
「娯楽ではない音楽があるはずだ」と おっしゃっていた方がいました。
美しい音楽には、人を癒やす力があると思います。
きっと、亡くなった方々の魂まで届きます……

あまり自粛自粛と云わずに、どんどんやってほしいです。
西日本の方まで元気をなくしてしまったら、日本もオシマイですよね(笑)
2011-03-24 木 06:32:04 | URL | 瑠璃@知人宅でこたつ [編集]
瑠璃 様
@知人宅でこたつ」ということで、少しほっとしました。

雪が降っているともお聞きしましたので、寒さはどうだろうかとお体のことが気になっていました。

コメントに(笑)もありましたが、多くの皆さまの心からの笑顔が早く戻れば、と願っています。

こちらの新聞紙面のあちこちに、「がんばろう!日本」の文字が。

私たちの気持ちも同じです。
2011-03-24 木 18:42:06 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
お久しぶりです。
今朝どうしてか筒井ご夫妻にお会いした夢を見ました。
たわいない夢の話ですが書かせてください。
ご夫妻はにこやかに出迎えてくださって朝市のような所に案内してくださって、マツタケを指差して「ここにありますよ」と。
何故マツタケなんでしょう(笑)去年食べなかったからかな。

今回の大震災に心が痛みます。
東京に息子がいるので、原発のこととか心配して心が沈む日々です。
そんなときに夢でもお会いできてとても嬉しかったです。
どうしてご夫妻の夢を見たのでしょう?
やっぱりそれはご夫妻の暖かさが私の心に深く滲みていたからだと思います。
2011-03-26 土 09:00:23 | URL | 沙羅 [編集]
ご心配ありがとうございます……m(_ _)m
強い余震がまだまだ続いているので、ちょっと、心身ともに疲れてしまい
何とか弘前行き高速バスの予約をとって
青森県弘前市の実家に逃げてきました……
実家に行くなら、着替え等はどうにかなるから、
自分を元気づけてくれるものや、大切なものを持っていこう、と思い
『えーえんとくちから』を持ってきてしまいました(笑)
こちらにいると余震がなくて安心ですが(あ、でも震度2くらいはあります)
暇なので、本屋さんめぐりして、
弘前市における笹井さんの本の売れ行きチェックをして来ます
('◇')ゞ瑠璃@偵察
2011-03-26 土 11:53:35 | URL | 瑠璃@青森県弘前市 [編集]
沙羅 様
お久しぶりです。

そうですか、夢に私たちが・・・
夢であっても、お会いできたならうれしいです。

ちなみに、私たちも去年は「マツタケ」を食べていないのですが・・・

大震災のニュースを見るにつけ、私たちも心痛みます。
習志野にいる叔母から電話があり、今入院しているのですが、
自宅に飾ってあった叔父の形見の45cmぐらいある花瓶が
割れたと言っていました。
でも、家族が無事であったことが何よりだとお互い励まし合った
ところです。

被災地の方々の生活が一日も早く普通の生活に戻ることを
祈らずにはいられません。

夢に出させていただき、ありがとうございました。
2011-03-26 土 15:30:06 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
瑠璃@青森県弘前市 様
@ご実家ですね。心身のお疲れを充分癒されてください。

『えーえんとくちから』をお持ち下さったとのこと、とてもうれしいです。

宏之はどこにでも、どなたのところにも一緒に行けるのですね。

私たちは有田にいてできることがささやかですが、宏之がみなさまの
お役に立っていることがとてもありがたいです。

手元にも宏之の歌集(4種類)がありますので、もしお役に立てるので
あれば、「宏之」をそちらに贈らせて(派遣させて)いただきます。
本人もきっと喜んでくれるはずです。
とても人好き、人間好きな子でしたので、ご遠慮なく。

春はもうそこまで来ていますので、しばらくはごゆっくりお休みください
ますように。
2011-03-26 土 15:56:20 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する