■プロフィール

笹井宏之

Author:笹井宏之
◇1982年夏生まれ
◇ししゃも好き
◇療養生活をおくりながらあっけらか
 ーんと短歌をつくっています

○メールはこちら
 tsutsui@izumy.com
(@は半角文字で入力してください)

【温帯空虚】
題詠100首用のブログはこちら

療養生活あれこれ

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■FC2カウンター

天草へ
  雲仙市千々石展望所より(往路:2011.03.08)

       かんぺきなかたちのひとをみつけても遠い島だとわりきってやる

                 ~ 笹井宏之 『てんとろり』 成層圏 より ~



昨日(8日)から、熊本県の天草へ行ってきました。

有田焼の原料である天草陶石の視察研修で、7名の有田焼の関係者を
事務局長として引率。

海がきれいでした。

魚も美味でした。


  雲仙市千々石展望所より(復路:2011.03.09)

        ひらかれてゆくてのひらを鳥が舞いみえかくれする島のきりぎし

                   ~ 笹井宏之 『てんとろり』 ゆらぎ より ~




写真上:長崎県雲仙市千々石展望所より(3月8日 朝)
写真下:同じく千々石展望所より(3月9日 夕方)




【ブログ紹介】

海に吹く風 「ひとさらい」3 (3月5日) 

「トルニタリナイコト」 長年の疑問(3月7日) 

姿のいいひとよ 最近読んだ本(3月9日)


ありがとうございました。
スポンサーサイト


残照 | 20:33:59 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
花冷えの龍門峡
天草の写真と宏之さんの短歌のコラボがぴったりで素敵です。

 天草は、1907年に北原白秋が、吉井勇らと5人で訪れた「五足の靴」
で有名です。白秋と言えば、有田ダムの秘色の湖に白秋の甥の山本太郎の
詩碑がありますが、龍門ダムに宏之さんの龍門峡の歌碑を建てたら素敵
でしょうね。有田の友人に提案してみます。時間がかかっても実現できるといいですね。

・花冷えの龍門峡を渡りゆくたつたひとつの風であるわれ「てんとろり」
2011-03-11 金 20:22:33 | URL | 今泉洋子 [編集]
今泉 洋子 様
ありがとうございました。

秘色の湖(有田ダム)や龍門峡、
宏之とよく訪れました。

歌碑のこと、ありがとうございます。
お気持ちがとてもうれしいです。

花冷え、そろそろ桜の季節ですね。
2011-03-13 日 21:21:14 | URL | 筒井孝司(笹井の父) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad